お箸は10年物

Category : 秋田・東北
実家の秋田県湯沢市に近い、横手市在住のアキハルさんが先週月曜日に
 
【縁起もの 「すべらないお箸」】と題し投稿していました。

私の好きなお酒の一つでもある、山形は庄内地区の初孫 と がっこ(確か秋田弁でお新香でなく漬物)も一緒に。

アキハルさんの初孫とがっこの画像 いつもの借用で。


お酒好き・がっこ好き・(発酵食品好き)の私としてはたまらない画像なので、対抗心ではなく真似て自宅ご飯 いや 晩酌を。

好きな肴はどちらかと言うと、鯵・コハダや鯖の青物系。お寿司屋さんでもそう。
鯵には日本酒と言う事で、新潟の鶴齢が残っていたのでちょっと。

お箸は10年物


手前に映っている箸は使い込んでいるのが分かるかと思います。
しっかりとした材質の素材を漆で何度も塗りこんでいるので、確か10年以上使っています。

職人の子供である私は、小さい頃から亡き父や兄・通いの職人さん達が 物造りをしてきているのを見てきました。
漆器は一日や一週間で出来る品物ではありません。
荒削りした素材である生乾きの木地を、自宅の二階に上げて囲炉裏(50年前の当時はありました。)の煙や熱でじっくりと乾燥させます。
半年後くらいに二階から降ろし、やっと最後の削りに出します。
削りは分業制で専門の職人さんがいて、子供時代はその職人さんへ木地を運ぶお手伝いは実家や地域では当然でした。
それから下塗り~中塗り~上塗り と 塗りと乾燥を繰り返し、幾度もの工程を経ます。

品物によっては、材料を買ってから商品が出来るまで一年間近くかかる事も。
それから販売出来ないとお金にならない。

ある程度の資金力がないと出来ない商売ですが、どうしても高級な漆器はなかなか売れません。
(ちなみに実家はお金持ちではありませんので。。。普通です。)

この30年くらいで実家のご近所でもかなり廃業・倒産のようです。
近所の中学校の同級生も、40年近く漆器業に従事して 伝統工芸士の資格を持つのに、販売量激減で郵便局の配達の仕事に転職したとの事で残念です。

売れた後に『お客様から良かった。』との感想を聞くのが、『仕事のしがい・生きがい!!』と兄から聞いた事があるそうです。
滅多にありませんが、返品やクレームは作り手としてかなり落ち込むそう。

ですから 職人さんの技・想い・大変さを知るこらこそ、大事に使わないといけません。
ちなみに私の使っているお味噌汁のお椀も実家製。
たしか結婚からですから、もう30年物近いかと思います。

漆器の渋い美しさだけでなく、何十年にも耐える堅牢さを持つ特性を知ると、最初はお高くてもそれなりの価値があろうかと。


手作り品で秋田の有名な漬物と言えば、こちらの『いぶりがっこ』はたまたま横手の山内産でした。

山内のいぶりがっこ

こちらも日本酒には最高の肴かと。

作り方は非常に手間が掛かり、確か 干して乾燥させた大根を手間を掛け燻製にしてから、麹で発酵させ熟成させます。
だから一本が500円前後と非常にお高くなります。
そこらの黄色の着色料が多くただ甘い100円のとは、味や深みがまるで違うんでです。

そして、先日 購入したこちらもこちらのかぶら漬けも合います。

こちらのかぶら漬けも

やはり 麹の発酵食品で、購入してから約十日後でしたが味は変わらず。


私の嗜好は 職人の家に生まれ育った 手作り品が好きなDNAを持っているからこそだと思います。

ちなみに 40年近い前の就職活動は、よって製造業一本に絞りメーカーへ。

今もそのメーカーL社のマドリエ店に、ご縁があって 就職出来ました。
流石に年齢的に営業こそしておりませんが、営業や事務の皆さんを採用し・教育する仕事に従事出来る事を毎日感謝しております。

そのご縁で、全国のマドリエ店の方がアクセスして下さいます事にも感謝です。

長くなりますが、東京大田区のOマドリエ店のO社長さんは私と同い年で、仕事を手伝うお嬢様は我が家の娘と近い年齢。しかもO社長は、一時ブログ頑張っていました。
コメントこそありませんが、L社を退職した今でも 時々 アクセスして下さっているよう。

本当に感謝しないといけません。『皆様方に御礼申し上げます。』


Comment

ありがとうございます。

私みたいなのが撮った画像でよければ...いつでもお使いください!
この日は「お箸」がメインでしたのに、いつの間にか晩酌メインになってしまいましたね(笑)
器もそうですが、人の手によってつくられたものは
人の手になじむようになってきます。
機械で練られ焼かれた器はどうしても、壊れるのも早いようです。
というのも、使う人間の扱い方なのかもしれませんけどね(汗)
職人さんの「いいものを作りたい」という気持ちを知ってこそ、
更に愛着がわきます。

立て続けに「かぶら漬け」を拝見して、やっぱり我慢ができません。
早速、お取り寄せです(笑)

Re: ありがとうございます。

どう致しまして。
ブログネタは、仲間の画像や投稿を使わせてもらうのが手っ取り早いものですから。

職人一家に生まれ育った私には、大事に使う心がしっかりと残されています。
家内も物作り一家で育ちました。
娘だけはそんな環境を知らないので、次から次へと新しいのを買っているようですけど。

「かぶら漬け」お気に入りになりましたか。

ダメ押し画像を、今朝の秋田のネタに追加しておきます。
非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ