楽しみなお店

Category : お薦めの美味い物の部
「馳走蕎楽(ちそうきょうらく) はるきや」さんは、何のお店か分かりますでしょうか?


食べ物系のお店であるというのは、何となくお分かりかと。


ブログの先輩である、八人会の幹事長 honeycamiyaさんが、

飲食店コンサルタント(第4事業部 その後⑥ グランドオープン』と題し、13日に投稿しました。

今月5日にプレオープンし、12日にグランドオープンしたお店であります。

「馳走蕎楽 はるきや」外観

このお店の前身は honeycamiyaさんのお姉さんご夫婦が経営され、確か四半世紀前の30代前半に一回連れられ、当時ご馳走になった記憶があります。

それから四半世紀を経て、honeycamiyaさんの甥御さんであるご子息の代になって、一般的な店舗からちょっとなのか かなりなのか 業態を進化させてのようです。

京都で修業された甥御さんの料理の技術が、おもてなしの特徴の軸となっているようです。

それだけでなく、honeycamiyaさんがL社在籍時代の蓄積と日頃の情報収集を生かし、飲食店コンサルタントとしてアドバイザー&プロデュースもされたとの事。
お店のコンセプトやメニューまで。

おしながき2 おしながき1


グランドオープンしてから約二週間後の24日 日曜日の午後 八人会のお仲間で集合となりました。

料理・メニュー・店内装飾 等色々な意味で楽しみにしております。

改めて、訪問後にリポートしたいと思います。


Comment

No title

馳走蕎楽 はるきや って、分かりにくいですよね。

ですが、この店名から、“町場のそばや”から脱却したいという甥っ子の意気込みがお分かりかと思います。
蕎麦屋らしからぬメニューもたくさんありますので、24日をどうぞお楽しみに!

Re: No title

今晩は。。。
素直に店名への感想を冒頭に述べさせてもらいました。

お店・料理・おもてなし 色々な若き店主の拘りがあろうかと。

24日は素人カメラマンがお伺いさせてもらいます。
非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ