一年の振り返り

Category : 市井の人
最初に 喪中のご挨拶 をさせて頂きます。

今年は私にとって人生のうえでも、個人的にも 大きな出来事が三つほどありました。

一番目は何と言っても、悲しいかな父の死去でしたか。

路傍の花

大正七年生まれの父が 日本が激動の時代となった戦前~戦中~戦後を経験し、一代で起業して最後は曾孫にも恵まれた享年95歳の大往生でありました。

自宅介護し最後まで面倒みた兄夫婦や、近くで心配をしていた姉弟には遠く離れた兄弟として感謝しております。

今年 一月の正月休みに、ブログ仲間や会社OB仲間との新年会があったのですが、急に思い立ってそのお約束をお断りし雪の秋田に車で帰省しました。
お見舞いだけでは毎日介護している兄夫婦の手助けにならないので、多少なりとも雪降ろしの手伝いもしたのです。

個人的な勝手な事情にも関わらず、皆さん理解をして下さいました。
そんな お仲間には 感謝に絶えません。

四月には、様態悪化の知らせで帰りました。
これで最後かもしれないと思い父と面会した際には、言葉を発っせない父とのミニホワイトボードでの会話がありました。

『妻子を大事に』と。

改めて 家族の絆の重要性と、人間として・世帯主としての責任の重さを痛感した次第です。

そして6月27日が命日となり、翌日慌てて帰省しました。

その後は法事で8月と10月にも行き、高校卒業以来 大学~社会人生活の中では最多の年五回の帰省となりました。

三年前に死亡した母の時同様に死に目には立会いませんでしたが、その後 何とか節目の際には墓前で線香を手向ける事が出来ました。


二つ目と三つ目は、早期退職 そして 再就職 出来た事です。

感謝

20120921お仲間

Re・スタート

私の年代で離職してから再就職までの期間が一ヶ月ちょっとだったのは、今までの多くの方との出会いや縁に感謝しないといけません。

34年半在籍した会社の退職を決意した理由の一つは、父の死も心の奥底にありました。

大学卒業後 東京本社の当時は中堅企業に就職し、二部上場~一部上場~統合による一兆円企業と会社が大きくなりました。
そのプロセスで多くの事を、学び・出会い そして多くの友や同僚 を得ました。
秋田でも山間部に近い生まれの私は、貴重な経験をさせて頂きました。

その間、新聞で息子が在籍する会社の株価変動を見るのが毎日の日課だった父。
楽しみでもあり、生きる事 の張り合いの一つだったかもしれません。

そんな父が亡くなり、息子としての22歳で就職し四半世紀以上在籍した会社への自分への頑張りと、父母への感謝の気持ち に一区切り付けてもいいかなと思いました。
仕事面でも言葉で表現すると、そろそろ『潮時』かなという思いも。

その退職までの間に 法事とリフレッショを兼ね、秋田~青森奥入瀬渓流 に行けたのは、今年一番の自分へのプレゼントになりました。

奥入瀬3

今年も後12時間で終わり、新年を迎えます。

喪中の為 新年のご挨拶 は出来ませんが、蕎麦打ちブログに訪問下さる皆様の来年度のご健康とご多幸を祈念致します。

そして 2008年10月11日にスタート したこのブログも875回を重ね、来年には満五周年になります。
その時までに、何とか1千回投稿の大台に乗せ 一区切りしたいと思っています。

その後は、その時の状況や自分の思いで判断するものとしましょう。

最後にブログ仲間の秋田のアキハルさんが、『今年のベストショットです☆』と題し一年の締めくくりにしていました。

三年前の事をいつまでも忘れないよう、母の命日に撮影となった北海道大空町朝日ヶ丘公園のひまわり畑と、

LAST SHOT ひまわり

最後に 蕎麦打ちらしい画像で締めくくりたいと思います。

【寶】さんを見習って細めに

来年も蕎麦打ち道に励み、素人なりにでも更なる高みを目指します。

皆様 良いお年をお迎え下さい。

Comment

非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ