スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋田の秋

Category : 秋田・東北
秋田へ行ったもう一つの目的は、
三年前 北海道『道東一人 駆け足のお父さん旅』以来の、10月初旬の三連休を利用した北東北一人旅でした。

今週はその様子をいつもの画像多目で投稿してみます。

スタートは二年前の八月に、亡き父との最後のドライブになった栗駒山(くりこまやま)栗駒国定公園① 栗駒国定公園②

父の法事が終わったのが10時頃で 直ぐその日に、山が大好きだった父との思い出がある場所に行こうと思ったんです。
何せ実家から車で一時間弱ほどで到着しますから。

母も田舎の人間ですから、毎日山が見える自宅に満足し・入退院の際は病室から山が見えるのを楽しんでいましたし。

栗駒山は奥羽山脈に属し焼石岳や神室山とともに栗駒国定公園内で、秋田では須川岳(すかわだけ)と呼ばれています。

栗駒山荘には時期的に、長袖姿の中高年ハイカーが団体バスで詰め掛けていました。

長袖姿が多い栗駒山荘

聞いてはいましたが、ここまで多いとは思っていませんでした。
私も後五年もして時間的余裕が出来たら、お仲間になっているかも。

この日は生憎の曇り空で栗駒山の頂上は見えませんでした。

栗駒山の頂上は見えませんでした

秋田方面はうっすらと分かりましたね。

秋田方面はうっすらと分かりました

標高は1,500㍍を越しますが、紅葉は始まったばかりでした。

紅葉は始まったばかりでした

兄夫婦に了解をもらって持ち出した父母の遺影と一緒に昼食にしました。
父母の遺影と昼食を いつも感謝の兄嫁のお握りと、道の駅で購入の惣菜とで。

一人での食事でしたが気持ちのうえでは一緒に山を見せる事が出来たので、『遅ればせながらの親孝行』という事で自己満足していました。


翌日は朝から突風交じりの雨が降る中、県内陸部の角館と田沢湖方面を目指しました。
横手公園の裏側を走る“みずほの里ロード”と呼ばれている農免道路は便利でしたね。
教えて頂き、『有難う御座いました。』

最初の目的地 抱返り渓谷(だきがえりけいこく)は秋田県仙北市にある渓谷で、「東北の耶馬渓」とも言われています。
又 県内有数の紅葉名所ですが、行った事はありませんでした。

抱返り渓谷入り口

渓谷沿いは川面に両岸が映え、

渓谷沿いは川面に両岸が映え

それなりの渓谷美となっていました。

渓谷沿いは川面に両岸が映え2


紅葉のシーズン前で まだ青葉でしたが、紅葉時期は綺麗でしょうね。

紅葉のシーズン前で まだ青葉でした

回顧ノ滝(みかえりのたき)までは渓谷入り口から徒歩15分ほどです。

回顧ノ滝(みかえりのたき)

滝の画像撮影を練習してみました。

回顧ノ滝(みかえりのたき)で撮影の練習を

次の本命の目的地?に向かっての予行練習としました。

目的地は明日以降に続きます。。。


Comment

No title

ご無沙汰しておりました。

おひとりでご両親との思い出の地へ行かれたとのこと。
きっといろんな思いをお持ちだったんだろうなぁと思いながら
記事を読ませて頂きました。
実は10月上旬、私も抱きかえり渓谷付近を通ってました。
それはそば処「すが家」さんを探してのことでしたが・・・^^;。

たまたま友人と田沢湖方面へ出かけようとしたのですが、
田沢湖に着く前に昼になったので、ネットで探して見つけた
そば処すが家さんを探しながら抱き返り渓谷方面へ行った次第です。
折りしも、ちょうど仙北市付近でそばバトル?みたいのが開催されてました。
田んぼに囲まれた集落にある小さなおそば屋さんでした。
天婦羅はちょっと固かったですが^^;、おそばは甘味を感じました。
地元民やサラリーマンが多かったです。

記事と離れたお話ですみません(〃゚д゚;A アセアセ…

衛生班長さん どうもです。

こちらこそご無沙汰しております。(しかも読み逃げが多くて。。。v-404
父母が元気な時は、帰省の度に山に連れていっていました。
今となってはそれも叶わないので、何かしらと思っての事でした。
ネット上に遺影を投稿するのはどうかなぁ? とも思ったのですが、ブログはある意味 自分史でもありますから残しておいていいかと。

そうですか同時期に行かれたんですね。

そば処「すが家」さんをネット検索すると、本当に近いんですね。
記事と離れたお話とは思っていません。情報有難う御座います。

農家レストラン・グリーンツーリズムのコピーには、蕎麦打ちの私も惹かれます。
ネットで事前情報を入手して、行って実食し、ご自分の好みや相性を感じる。
田舎ならばこそ出来る事と思っています。

我が家のパンも元気ですので、そろそろ登場させねば?と思っております。
非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。