スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥入瀬渓流ホテルⅠ

Category : 秋田・東北
 星野リゾートロゴ星野リゾート と言えば


本社を長野県北佐久郡軽井沢町におく総合リゾート運営会社で、日本でも有数のリゾートホテルとして認知されています。

代表取締役社長 星野佳路(ほしの・よしはる)氏は、『社員再生』・『旅館・施設再生』というテーマで何度もマスコミに登場し、私自身も星野社長自身の講演会にてその考えを拝聴した事があります。

前からサービス・おもてなし・料理や温泉・施設に興味があったので、一度は宿泊したいとは思っていました。


今回の奥入瀬渓流撮影での宿泊は、車に寝具を積み込んで温泉施設のある道の駅とかで車中泊でもいいかなと思っていましたが。。。

家族からはせっかく行くのなら何処かに宿泊すればと言われ、そんな時に娘から思いがけないプレゼントがありました。


奥入瀬渓流内のただ唯一のホテル 奥入瀬渓流ホテル(星野リゾートG)に宿泊する事が出来ました。

奥入瀬渓流ホテルHPyori

紅葉シーズンスタートでなおかつ一人旅でしたが、連休前の平日だった事で空きがあり予約を取ってもらったんです。 

渓流散策後のジャンパー・チノパン姿なので、チェックインする事にやや気後れしていましたが。


時間的にホテルロビーは混雑し、ウェルカムドリンクが用意されていました。

奥入瀬渓流ホテルロビー 奥入瀬渓流ホテルウェルカムドリンク
こじんまりしたホテルと予想していましたが、かなりの大規模さにビックリ。
宿泊客はゴルフプレー後と思われるジャケット姿の団体客もいましたが、私と同じようなハイキング軽装の方も多くいてちょっと安心。

ホテルウェルカムドリンクを飲みながら、ホテルスタッフから丁寧な説明を受けチェックインしました。

ホテルウェルカムドリンクを飲みながらチェックイン
確か 林檎味を少し感じる抹茶でしたか。


ホテルコンセプト”記憶に残る朝”その象徴でもあるラウンジ『森の神話』では、岡本太郎作の大きな暖炉が迎えてくれました。

『森の神話』岡本太郎作の大きな暖炉

チャペルには、もう一つの岡本太郎作の大暖炉がありました。

岡本太郎作の大暖炉 河神(かしん)

河神(かしん)だそうで、如何にも岡本太郎という作風です。

河神(かしん)パネル

こういう大掛かりな調度品がある事も、ホテルの品格の一部かと思います。


ホテルの部屋は渓流に面した部屋でなくお安い山側でしたが、一人には広めの和室で渓流は部屋から見る必要もないので十分でした。

ホテルの部屋は山側の和室

ホテル内に綺麗な大浴場は二箇所あり、温度も適温で計三回とゆっくりさせてもらいました。
ちなみに「九重の瀧」を見ながら入れる【八重九重の湯】は、ホテルバス送迎の外湯なので遠慮しました。
温泉好きの方なら、色々な楽しみ方があるかと思います。


ネットからの事前情報では分からないサービスが色々ありました。

朝五時台から運行のホテルバスが一時間置きに出発し、主要渓流スポットまで無料送迎してくれます。
途中で乗り降り出来るので駐車を気にしないで撮影するには便利で、私は何度か利用させてもらいました。
当初はレンタサイクルを借りようかと思っていたんですから。

雨が上がった六時台のバスは、渓流沿いに他の車両が少なく快適。
朝五時台から運行のホテルバス

運転手さんが途中『時期的な紅葉の様子や天候と渓流の濁り具合等』、丁寧に説明してくれます。

ちなみに公共バスは朝九時台が一番のようで、お金には替えられないサービスでした。


チェックアウトが嬉しい12:00なので、朝の撮影後に朝食~再度撮影~朝風呂とノンビリさせてもらいました。


最後にお客様アンケートに、ご縁(五円)がありますようにと。

お客様アンケートにご縁(五円)


チェックアウト時に天候不順気味でしたが、ホテル名入れの傘をスタッフが貸し出してくれました。
『多分 返却出来ないの結構です。』とお断りすると、それでも良いですからとの事。
宿泊代に込みのコスト計算されたサービスかもしれませんが、嬉しいサービスでありました。

フロントやロビーに食事会場や売店に多くのスタッフが配置され、『待たされた。』という記憶はありませんでしたね。
コストは人件費と感じた次第です。

ホテルスタッフ数が多いだけでなく、皆さんの対応や笑顔に教育の高いレベルを感じ満足しました。
こういうホテルだと、売店でお土産も買いたくなりますね。

後日 アンケートの質問量は多かったのですが、総合点で100点に近い回答をして早速返送させてもらいました。

明日は夕食と朝食の様子を投稿します。


ちなみに奥入瀬二泊目は流石に予算的に贅沢を出来ないので、違う十和田湖畔近くのホテルでありました。


Comment

素晴らしい!

奥入瀬に、そんな素敵なホテルがあったなんて知りませんでした。
まあ、私達には宿泊先は必要ないんですが・・。
だけど、そこまでサービスも行き届いているなんて、素晴らしいですね。
送迎サービスは本当にありがたいですね。
私達が行った時も、早朝に到着し、走っている車や路上駐車もありませんでしたが
日が高くなるにつれて、車の量も増えていきました。
早朝にバスが送迎してくれる事は、本当に価値があると思います。
娘さんのプレゼント・・なんですね!
なんて、よく気がきく良い娘さんなんでしょう。
嬉しい贈り物ですたね!

Re: 素晴らしい!

MMさん 連日のコメント有難う御座います。
私も行く前までは知りませんでしたが、直前の検索でこのホテルを知りました。
予算オーバーだったのですが、だめもと で宿泊候補に挙げたら娘が予約してくれました。
自分の事は棚に上げ、女の子で良かったとつくづく思いました。

前の仕事の関係で国内有名ホテルに何度か宿泊していますが、今回のホテルは負けるとも劣らないサービスレベルでした。
そうでしたね。観光客がまだ少ない朝早い時間帯のバスは有難かったです。
奥入瀬という 立地の特性を活かした送迎サービスは、運転手さんも『便利だと思うのでもっと利用して欲しい。』と言っていました。
そうそう十和田神社は食事前の散歩で私も寄りました。
非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。