スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

故郷に思う事

Category : 秋田・東北
故郷に思う事』と題し投稿したのは、母が亡くなった2009年の9月でした。

落ち着きましたので、今回も同じタイトルで投稿させてもらいます。


丁度一週間前に父の葬儀があり、実家の秋田で最後の見送りをしてきました。

路傍の花

大正生まれの父夫婦は戦後裸一貫で商売を立ち上げ、兄弟4人の子供を育て上げました。
孫や曾孫との触れ合いに目を細めていたので、おそらく幸せな老後だったと思います。

でも一番の楽しみは、実の子供である兄弟が顔を揃えた時のような気がします。

私は40代までは年に一回程度の帰省でしたが、両親が老いてきた50代になってからは年に数回は顔を見せに帰っていました。

少ない回数でしたが、今年も一月と四月に父と会えた事で悔いにはなっていません。


朝の起床サイクルはリズム化されていますから、日の出前の東山を見ながら農道に散歩に。

日の出前の東山を見ながら


父の好きだった田舎の山々は、春には山菜~秋にはキノコと多くの自然の恵みをもたらしてくれました。

父の好きだった田舎の山々

いつ見ても何十年・何百年と変わらぬ風景です。


田園風景のあぜ道に、おそらく五穀豊穣を祈る手作りのお札が朝日を浴びていました。

五穀豊穣を祈る

散歩でゆっくりと周りを見渡せる年代になって、こんな風習があるのに初めて気付きました。

自然と共生する農家の方の伝統がこうして残り、土地に住む代が変わっていっても古き良きものは有形無形で大事にされています。

私の心の中には父母の思い出と故郷の景色が、いつまでも忘れずに残っていると思います。


今まで自宅介護をしてくれた兄夫婦に、今までの介護の慰労と感謝の言葉を残してきました。

田舎の事ですから、これからも実家の兄夫婦は何かと葬儀後の行事や法事が続きます。
遠距離に住む弟ですが、出来る部分はお手伝いをしないといけませんね。

Comment

No title

蕎麦打ちさん、お帰りなさい。
いろいろと心労があったと思いますが、ご尊父もお兄様夫婦の献身的なご看病に感謝しつつ、天寿を全うされたと思います。
蕎麦打ちさんも距離的なハンディがありながら、できることは精いっぱいやってこられたと思います。
これからは、気軽にブログへの投稿をしてください。
楽しみにしていますよ。

Re: No title

honeycamiyaさん 色々とご心配お掛けしました。
看取った兄夫婦の心労もこれで一旦は区切りがついたかと思います。

ブログはボチボチとでしょうか。止めませんけど。。。

そうでしたか。。

お父様が亡くなられたのですね。

久しぶりにお邪魔しに来て、初めて知りました。
トップのお花に、思いがたくさん詰まっているように感じ取りました。
故郷の山河は、ずっとかわらずに、そこにある事が、当たり前なんだけど、
何か大きなものに包まれている感じがして、頼もしく見えました。
あぜ道のお札に、連綿と続く歴史が垣間見えて、なぜか感動しています。

お父様のご冥福をお祈り致します。

No title

新聞のお悔やみ欄で、拝見しておりました。
ご尊父様のご冥福をお祈りいたします。

葬儀のときには悲しみにくれる間もなく、
お忙しくされているだろうなと思いつつ、
お帰りになってからのブログの更新を待っていました。
蕎麦打ちさん、でも、悔いなく送ることができて何よりと思います。

Re: そうでしたか。。

MMさん 今晩は。そしてご無沙汰しております。

まずは弔問のお言葉 有難う御座います。

先に亡くなった母は、野花でも花とつけば大好きでした。
そんな事を思いながら、父への見送りの画像とさせてもらいました。

父母の事では介護らしい事は何も出来ませんでしたが、同居している兄夫婦の様子からその大変さをつくづく感じました。
MMさんも大変なんでしょうね。

故郷はこれから遠くなるかもしれませんが、出来る時にはやれる事をやろうと思っています。

Re: No title

クミコSさん 地元ならではコメントご丁寧に有難う御座います。

確かに喪主の兄をサポートする立場でも、あっと言う間の葬儀でした。
ご存知のように田舎の事ですから、あれもこれもと改めて長男である兄夫婦の大変さ思い知りました。

父の容態が悪化してからは、どうもブログを定期的に更新する気持ちにならず。。。
おっしゃるとおりに整理も出来て、今回やっと更新出来ました。

No title

お悔やみ申し上げます。

そういう事とは知らずお忙しいのだと思ってました。
お父様も感謝の気持ちで一杯だったと思いますよ。
蕎麦打ちさんも遠い所からの看病への往復ご苦労様でした。
これからの2・3年はご実家のお兄様・義姉様も忙しい年月を過ごされる事でしょう・・・
その度に帰省される蕎麦打ちさんも大変ですね。
お体に気を付けてご奉仕下さい・・・・

さてHPが出来て暫らく経ちましたが・・・
ご報告してもよろしいでしょうか?
TMSさんに依頼して母体を作って頂きました。
公開しても大丈夫な内容なのか・・・TMSさんに叱られそうです・・(-_-;)
暇があったら覗いて見て下さい。

         http://www.satumatotal.jp/

宜しくお願い致します。

Re: No title

ちょっとお姉さん お言葉有難う御座います。
父の病状を思うと、ブログどころではなくなったのが実情です。
結果 蕎麦打ち会のオフィシャルな面を持つこのブログでは、最低限の情報提供になってしまいました。

介護する兄夫婦も大変ですが、実家の近くに暮らす兄弟は私よりも何度も駆けつけてくれました。
身内への感謝を改めて思った次第です。

これからは、出来る事はしないといけませんね。

ご訪問させてもらいます。

ご無沙汰しております。

お悔やみ申し上げます。

寂しくなりますね。

頭では「いつか来る。」とはわかっていても…
心の整理がつかないものだろうと想像しています。
私の両親は健在ですが 病を持っているので 心配ですが
なかなか実家に帰るのが億劫で(^_^;)

でも ダメですね。 
蕎麦打ちサンを見習って まめに帰るように心がけたいと思います。
やっぱり 年寄りだけだと 家の中も汚れていたりするので
お盆休みに気合を入れて 掃除でも市に帰ってきます。

これから 暑くなるので ご自愛下さい。

Re: ご無沙汰しております。

ひろぽん♪さん 訪問&コメント有難う御座います。

何度か危篤状態から脱した父でしたが、今回だけは持ちこたえる事ができませんでした。
それまでの父本人の肉体と精神的苦痛を考えると、年齢の面からも『やっと楽になれたね。』というのが本音でしょうか。

遠くに暮らす私よりも、おそらく毎日の介護が日課だった兄夫婦の心の中を考えると、色々な思いがあるんだろと思っています。

ひろぽん♪さんも仰るとおり、もし帰れる時間があれば顔を出してみて下さい。

親はいつでも子供の顔を見ると喜びますからね。。。
非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。