前哨戦は不発

Category : 市井の人
二週間ほど前の土曜日はとある店舗の忘年会にお呼ばれしましたので、せっかくなので午後から店舗に行ってお手伝いやら資料作りをしていました。

店舗へ行く途中の成増の川越街道沿いの、紅葉と銀杏の色合いとコントラストがそこそこだったのでパチリ。

成増の街道沿いの紅葉と銀杏

やや曇り空の日陰でしたから、太陽がもうちょいあれば良かったかもしれません。

基本は休みですから、こういう楽しみも良いかも。


19:00頃に仕事が終わり、忘年会のスタートは19:45だったので間がちょっとあります。

予行練習的に、ちょいと一杯もいいかと思い。。。

餃子も食べたかったので、中華の唐堂さんに行ってみました。

唐堂さんに行ってみました

『やってる!!』と喜んだには、つかの間。。。 


ドアを開けると、忘年会で貸切だったんです。

早めに行ってちょっとの一杯のはずでしたが、こんな事は人生の上ではよくあります。

別の一軒を探すのも方法でしたが、これはまだ飲むには早いという神の啓示(?)かもしれません。


時間つぶしに、ふらっと古着屋さんに寄ってみました。

着るのは家内任せで古着は着ませんから、こういうお店には滅多に行きません。

前哨戦は不発でしたが、勉強にはなりましたね。

土曜日の帰りの時間という事もあり店内にはそこそこお客さんがいました。

まずは客層(私の年齢はほぼ皆無)は古着を気にしない20~30代で、当然陳列しているのはその世代に合う商品。

お値段はお手軽で、大体5,000円もあればポロシャツなら有名ブランドも三枚程度買えるでしょうか。

まだまだ使える時代に合う古着をリサイクルする事で、売る側買う側双方は満足し、そういう場を提供するお店も存在価値があれば経営を維持出来ます。

流通の一旦で仕事をさせてもらっていますから、新品だけがベストとは思っていません。

買う側は新品でなくても、使えさえすれば良いという需要もありますからね。

気にいったネクタイが二本ほどありましたが、最近はあまりスーツ姿になりませんから購入は止めました。

もう一回行く機会があって、もし 残っていたら購入するかもしれません。

Comment

非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ