故郷の山々

Category : 秋田・東北
今日で秋田の帰省から戻り丁度一週間なのですが、毎日が開店準備で遅くなり、やっと画像の整理をしております。

実家の町 秋田県湯沢市の位置・地勢紹介 を、湯沢市HPより引用。

湯沢市は、山形県、宮城県に隣接する秋田県の最南東部に位置し、県都秋田市へは直線距離で約70km、宮城県仙台市へも同じく約95kmに位置しています。

湯沢市位置

東方の奥羽山脈、西方の出羽丘陵に囲まれた横手盆地を貫流する雄物川と、その支流である皆瀬川、役内川沿いに豊かな水田地帯を形成しています。
県境付近の西栗駒一帯は、雄大な自然林を有しているほか、豊富な温泉群にも恵まれています。

気象は、内陸性で気温の差が大きく、四季折々の自然美を見せてくれます。

そんな湯沢市の雄物川支流である皆瀬川が流れる、旧稲川町川連町大舘地区に私の実家はあります。

東 南 西 を山に囲まれ、北側に奥羽山脈の雪解け水が流れる地形です。

全国何処に行っても(滅多に行けない海外でも)朝の散歩が恒例ですので、太陽が昇ってきた七時頃から出てみました。

稲川散歩道


定点から四方をパチリしてみました。

東山からはやっと太陽が顔を出そうとしており、朝靄がかかっています。

稲川東山

南山の奥は栗駒山で宮城県との県境となっており、秘湯と言われる温泉(泥湯川原毛地獄)もあります。

稲川南山

西山方面にはよく父に連れられ、春には山菜~夏には皆瀬川での魚採り~秋にはきのこ採りと行きましたね。

稲川西山Ⅰ

もう一枚も西山でアングルを変えてみました。

稲川西山Ⅱ

北側は下流になるので、横手から秋田方面の平野となります。

稲川北側

気温の差がある風土なのでお米も美味しいんですよ。

この時期は山の紅葉もほぼ終わり、里に紅葉が下りてきていました。

帰って待っていたのは、義姉の作ってくれた朝食(一部は私との合作)です。

稲川朝の朝食

田舎の風景を堪能した後は、故郷の香りを味わいました。


今日は蕎麦打ち会の料理当番です。

秋田と東北各地の食材を30人前ほど提供せねば。。。

Comment

非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ