餃子シリーズⅡ

Category : 勝手にミシュランの部
仕事先の成増で、餃子の美味しいのは【唐堂さん】

唐堂3餃子

東日本大震災後の四月に寄ったら、臨時閉店でしたね

臨時閉店の案内

唐堂さんの380円肉汁たっぷり餃子が食べたくなり、仲間を引率し五人で行ってきました。

だけど仕事が終わったのは13:30過ぎで、到着は13:50ほどでお腹すきすき。

お店は普段のお昼の営業時間は15:00までのようですが、この日は夜に宴会が入っているようで14:00ラストオーダーとの事。

空腹五人は頼みましたね。。。

真っ先に登場したのは酢豚に、

唐堂酢豚

エビチリでしたか。

上の白いのはご飯で、料理単品でなくセット物でお願いしたんです。

皆で つまめますから。

唐堂エビチリ

残ったご飯には、

肉汁たっぷり餃子と、

唐堂肉汁たっぷり餃子

揚げたてアツアツの春巻きも欠かせませんね。

唐堂揚げたてアツアツの春巻きも

仕事が終わっていたので、こちらの紹興酒のミニボトルも頂戴しましたね。

唐堂紹興酒のミニボトルも頂戴

豆腐のおつまみは不思議な食感とお味です。

唐堂の豆腐のおつまみは不思議な食感とお味です。

炒飯はデカ盛りと思うような量でしたね

唐堂炒飯

ラーメンは薬膳スープのようで美味でした。

唐堂ラーメンは薬膳スープのようで美味でした

こちらは仕上げまで八合目の状況でしたが、最後は全て完食しましたよ。

唐堂全て完食した

昭和30~40年代生まれのお仲間ですから、決して残したりは出来ません。

女性もいたので、締めのデザートに杏仁豆腐でもお奨めしましたが、皆さんもうお腹には入りませんという事で満足のひと時でありました。

やはり、お値段にはそれなりの価値があります。

アルコール代を除いたら、料理は確か五人で総額五千円ほどだったような。

お安い100円・200円の餃子も満腹にはなりますが、時には良心的な300円台も庶民には最高です。

Comment

非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ