スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餃子シリーズⅠ

Category : 美味しいお店・食べ物
普段は和食中心ですが、時には餃子なんかも食べたくなります。

関東でもここ最近ブームの、昭和42年に京都・四条大宮に第一号店を創業
餃子の王将ロゴ 餃子の王将 で初撮影してきました。

創業者の大東社長のサクセスストーリーや経営に取り組む姿勢は、最近TVでよく見かけます。

行ったお店は、餃子の王将淵野辺店で御座います。

餃子の王将淵野辺

桜美林大学さんが目の前なので、学生さんが大勢でほぼ満席でした。

餃子の王将ならやっぱり餃子でしょう。

王将で店長さんが看板餃子を作っていました。

王将で店長さんが看板餃子を作っていました。

この品質で税込み231円は、庶民には嬉しい。

餃子の王将ならやっぱり餃子4

ミニ焼飯も付けてですね。

ミニ焼飯

夕食には当然あちらの食前酒も欠かせません。

キムチ冷奴にはレモンサワーと紹興酒も付けて、

キムチ冷奴に・・・

こちらの鯵フライもつい頼んでしまいました。

こちらの鯵フライも

合計支払い額は、2,000円でたっぷりのお釣りでした。

レジで会計終了後、餃子倶楽部の会員登録用スタンプカード を渡されました。

集めている熱烈ファンがいるようですね。⇔ 私は・・・?

何故かしら、別の餃子も食べたくなりました。

Comment

京都王将・・

そちらのチェーンは京都王将なんですね。四国は大阪王将がチェーン展開しています。
僕が小さい頃からこの京都王将あったような・・関西に行ったときに食べた覚えがありますよ。
ボリュームたっぷりだったような・・。

紹興酒のチョイスもいいですね。
僕も関羽の紹興酒が飲みたくなってしまいました。

そう 王将は二つの系列でしたよね

関西系の二社は全国的に頑張っていますよね。

師匠は撮影の合間に食べていたんですね。

あつあつ餃子にビールもいいですけど、紹興酒も合いますからね。

次回も紹興酒が登場しそうです。
非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。