食欲の秋 格安寿司編

Category : 江戸川・葛飾
丁度お昼時過ぎに、共に魚好きの相棒さんとお腹を空かしていました。

この相棒さんの一番の好物は、何と お寿司  だそうです。

下町江戸川区を 走っていて目に入ったのは、こちらのお寿司屋さん。
秀すし

【秀すし】さん 下町にある普通の町場のお寿司屋さんですね。

これまた、この看板を目ざとく相棒さんが見つけ、 S T O P を。
何と600円のランチ丼

何と600円のランチ丼の看板。

当たり外れはともかく、これは試してみるしかありません。

一見さんにも関わらず仕事ぶりを拝見したくて、無謀にもカウンター席に。

最初に出てきたのは、一見鯛のような確か イナダ か カンパチ のお吸い物。
確か イナダのお吸い物

旨い!!

魚の骨と身から出た良質な出汁が効いていました。
キチンと血合いを取って下拵えしないと出来ない、正しくプロの味でした。

お待ちかねの三色丼が出てきました。
秀すし 三色丼

マグロのづけ 中落ち イカ に、口直しのガリやわさびを挟んだ蒲鉾も若干。

酢飯と魚のハーモニーで、こちらも『美味い!!

店主が言う、秀すし自慢の中落ちであります。
秀すし自慢のナカ落ち

私は分からなかったのですが、相棒さんのには小骨が多少入っていたよう。

プロでも業務用の中落ちを使う時代に、手仕事をしている証拠です。

聞くと 『千円のスペシャルな 海鮮丼 には常連さんが多い。』との事。
確かに皆さん、600円のではなく、千円のを食べていました。

このお店で次回はそれを頼んでみましょう。

職人さんでも気取らない話し方と、愛想の良い奥さんの二人だけのお店でした。

下町トークも楽しめますから、これも次回の楽しみであります。

秀すし
東京都江戸川区春江町3-19-12
03-3678-5510

Comment

非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ