スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八王子で金太郎へ

Category : 八王子市
先週半ばまでは気温が30度を超えない日が続き、夜はエアコンなしでも大丈夫でした。
ここ一週間は本当に夏らしくなり、日中は適度に汗もかいて夕方には喉も渇いてまいります。

西八王子駅で電車の待ち時間が15分ほどあったので、蒸し暑いホームで待つよりは軽く一杯という事に。

田舎では当たり前の待ち時間かと思いますが、関東に住んでいると便利に慣れすぎ、このちょっとが待てないのです。

炭火焼き鳥 金太郎 は八王子市を中心に何店舗かある地元の居酒屋さん。
炭火焼き鳥 金太郎
大手チェーン店でなく、地元の方らしい先客がいたので入店してみました。

お通しはすき焼き風味の椎茸煮込みのような感じでしたか。
すき焼き風味の椎茸煮込み

決して綺麗な盛り付けではありませんが、チェーン店系ではないこうしたお店の個性あるのは嬉しいですね。
ちなみにお隣さんをチラッと見るとコロッケらしく、違うのも面白い。

ビールとレモンハイ の炭酸系で乾杯。
金太郎で乾杯

看板の焼き鳥を早速注文しましたが、遠赤外線の炭火焼きなのでじっくりと待つとしましょう。

比較的早く出てきたしめ鯖を肴に、お次は何を飲もうかと。
しめ鯖

被災地応援 銘酒キャンペーン につい目が留まり、お客とお店が協力し合うのもちと嬉しいかな。
被災地応援 銘酒キャンペーン

『少しは協力しないと』を口実に、岩手産 甘口の南部美人をお願いしました。
甘口の南部美人純米酒を

湯通しした牛をサッパリと頂戴しました。
牛をサッパリと
この程度ならと思い、例の騒ぎはそんなに気にしておりません。

お待ちかねの焼き鳥は最後に出てきて、カシラやタン・ネギに塩と七味で。
カシラやタンを

看板の炭火焼きは時間はかかりましたが、しっかりとした素材をじっくりと焼いているだけに美味しかったですね。
時々 解凍したてで水ぽっく歯ごたえがなかったり、焼き過ぎのお店もありますから。

地元のお客さんが通うこうしたお店には、ほとんど外れがありません。

15分の待ち時間の予定がつい小一時間になりましたが、自宅到着までの一時間半の電車通勤時間には丁度の一杯でしたでしょうか。

ちなみに暑いこの時期は特に ホームや電車で飲んでいるお父さんを見かけますが、蕎麦打ちお父さんはそこまでして飲もうと思いません。
外で飲む時はそれなりの心構えでキチンとお店に入るのを鉄則にしています。


炭火焼き鳥 金太郎 西八王子北口店
八王子市千人町2-20-10
042-667-2817

Comment

南部美人

電車を待つ間に、ちょこっと一杯なんていいですね。
そこでのお酒が南部美人とはまた東北生まれの蕎麦打ちさんならではのチョイスですね。キリッとした味がしめサバに似合ったかと思います。
この前地下鉄の銀座線に乗った時、車内で缶チューハイを飲みながらのサラリーマンを見ました。
田舎ではちょっと考えられない光景に、やっぱり東京だな~なんて変な感心をしてきた私です。

Re: 南部美人

そうです。
ちょっとでなく、ちょこっとなんです。
この微妙な表現にちょこっと嬉しくなりました。

南部美人に良い肴。
サラリーマンの至福の時でしょうか。

そうですか。地下鉄でね。確かに秋田にはありえない光景です。

人口が多いと色々な人がいますから。

暑い

市井のお父さん、今日は。
北海道も、連日連夜の真夏日。
連日30°を超える日が続き、もうぐったりです。
お勤め帰りの電車待ちに、軽く一杯。
いいですな~。

車での通勤、仕事では出来ないよね。
そういうときには、速く家に帰って、キンキンに冷えたビールジョッキーを片手に、
庭で(PM6:30・26°湿度45%)ジンギスカンを焼きながら***
暗くなるのがPM7:40ぐらいなので、照明無しで楽しんでます。

私は最近、そばを打つときには大きめの計量カップに、適当に水を入れて、手のひらの感触で打っています。
その方が何時もと違うそば粉を使ったときに、失敗がなくなりますよ。
お互い頑張りましょう。

Re: 暑い

さきほど新潟から戻ってきました。
(有難う御座います。 返答が遅れてすいません。)
北海道も新潟も関東も暑い夏休みでしたね。

電車だからこその一杯は、ある意味 意志が弱くなってしまいます。
蕎麦以外のネタには困りませんが。。。

北海道ならではの楽しみ方ですね。
広い庭での一杯は最高だと思います。

ebtsobaさんのクラスになると水回しはそうですか。
確かにその時の粉や湿度によって水の量は微妙に違いますから、最後は感触で終えるんですね。

激励 有難う御座います。
非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。