スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生の楽園かも

Category : 勝手にミシュランの部
船橋には一度行ってみたいお店がありました。
今年の八人会の初詣と新年会の時には、お店の前を歩いて見付けた気になる居酒屋さん。

船橋・一平(IPPEI)はカウンターだけ30席の居酒屋で、創業50年の歴史もあり 食べログでは船橋居酒屋NO.1とも 名店・居酒屋の鏡 とも称されています。

八人会のS岡会長とM原永久幹事長は、ほぼ地元なので何度も寄っているとの事。
お二人にお願いして仕事が休みの土曜日16:00集合と、明るい時間からセッティングしてもらいました。

お店の入り口は間口九尺ほどで大衆居酒屋らしく、一杯300円の一番さんが嬉しい予感です。
一平 入り口

まずは喉を潤す一杯に、時期的に定番の枝豆ですね。
一平定番の枝豆

看板料理の【牛煮込みどうふ】:豆腐にしっかり旨味がしみ込んでいます
一平牛煮込みどうふ
豆腐の入っていないただの牛煮込みだとたったの280円のよう。
ちょっと飲むなら、やや塩分強めのこの一品で充分であります。

かつお刺しは鮮度抜群で、画像から脂ののり具合が分かろうかと。
一平かつお刺し

関東でバカ貝と言われる青柳のぬたは大きかった。
一平青柳ぬた

めひかりのから揚げは、チェーン店の居酒屋さんではないメニューですね。
一平めひかり

魚貝類は地元の船橋中央市場や湊市場からの仕入れのようで、全体的に定評があるようです。

お肴系には日本酒で、大吟醸 蔵 は何と驚きの一杯480円でした。
大吟醸 蔵

会津は喜多方の峰の雪酒造場さんの逸品で流通量が少ないようです。

こちらは有名な同じ喜多方の会津ほまれで、この時期ですから福島のお酒を楽しませてもらいました。
一平会津ほまれ

子宝 鳥海山麓ヨーグルト と言う山形のお酒もありました。
一平 子宝 一平鳥海山麓ヨーグルト
お隣さんの女性が頼んでいたのを、ついお願いしてパチリと。
お店もお客様もフレンドリーで御座います。

特価の大吟醸もあれば普通酒に、健康そうな流行のお酒も。
歴史だけに安住せず、常に新しいお酒や嗜好にチャレンジしているのが分かりました。

さて 味の素世代には懐かしい漬物に白いフリカケが。
一平味の素世代
私の年代なら充分すぎるくらいに分かるレトロさも残していました。

三代目さんが明るく接客し、お客様同士が肩を寄せ合いお互いを気遣うお店。
一平三代目さん 一平お客様同士が肩を寄せ合い
こうして撮影していても、違和感なく自然な感じでした。

メニューもこのようにお安い。
一平メニュー

三時間ほど滞在して一人当たり三千円でお釣りがまいりました。

味・量・低価格と居酒屋さんとして三拍子揃っていますが、それ以上に素晴らしいのはお店の品格でしょうか。『正しく店が客を呼ぶ。』50年の歴史があり、狭い店内空間ですがお隣さんとも友好的になるお店の雰囲気。

適度に楽しい上品な飲兵衛さんが集まるお店で御座いました。
『飲兵衛人生には正しくひと時の楽園』ですね。ご案内して頂いたお二人の人生の先輩にも感謝で御座います。

まだ頂戴していない有名メニューもありましたので、又の機会に寄ってみたいと思っています。

船橋・一平
千葉県船橋市本町4-42-4 電話047-422-5122
[月~金]15:00~22:30(L..O22:00)
[土]14:00~21:30(L..O21:00)

Comment

No title

蕎麦打ち師匠
念願がかなって何よりでした。一平は、値段も嬉しいですが、15時開店というのもまた、嬉しいものです。わしらのようなリタイア組にとっては。
まだ食べていないメニューもたくさんありますので、また行きましょう。

No title

こんにちは。

この名前は、流行るんでしょうか。
うちの地方にも、焼き鳥の有名店があります(^.^)

それにしても、とってもリーズナブルなお店で、
しかもネタもいいですよね♪
かつおの刺身なんて、とろとろじゃないですか?
おいしそー^m^
みんな肩を寄せ合って座る席も、ちょっと面白いなぁって思いました。

師匠とはいつもながら照れくさい

セッティング有難う御座いました。
心許せる諸先輩と共にに、お店・お酒・料理・お客様 色々な出会いのあるお店で御座いました。

又の機会を楽しみにしております。

Re: No title

衛生班長さん 今晩は。。。

どこの地域にも、有名なお店はそれなりの味や出会いがあるかと思います。

CPの秀でたお店とは分かっていましたが、ただ安いのではないのです。
一つ一つがそれなりに、居酒屋さんメニューとしては完成形に近かったような。
だてに50年の歴史ではないですね。

関東でも残り少ない営業形態のクラッシクなお店で、最近はちょいブームの個室系(内装は良いが味は?)とは一線を帰しています。
非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。