スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰宅行動

Category : 市井の人
東北地方太平洋沖地震は東日本大震災となり、東日本各地での悲しい被災となりました。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り致します
行方不明の方もまだまだ多いようで、予想以上の甚大な被害となり、東北出身者として胸が痛みます。

当日私は帰宅難民となり仕事先で一夜を過ごし、公共交通機関がかなり回復してから帰宅できました。
もしかしたら参考になるかと思い、その帰路の状況を投稿してみます。

その時は店舗内は散乱し余震の連続で危険な為、急遽閉店せざるをえませんでした。
帰宅難民として横浜で一夜を過ごす事に決め、早速家内に連絡をしました。
下手に暗くなってから動くより、そのほうが安心するかと。

関東は停電もせず、エアコンの暖房が終夜あったので助かりました。
朝になって差し入れのおにぎりを頂戴しました。Nさん嬉しかったですよ。
おにぎりの差し入れを

TVは無かったのですが、6:00頃からネット情報で交通機関の回復情報が入ってきました。
動き出した7:00頃に乗ろうとすると大混雑が予想され、まだ店舗内も散乱しています。

色々と安全面を考え、まずは店舗内で最低限の片付け応援。

ネット情報で私の住む吉川駅を走る武蔵野線やお隣の東武伊勢崎線は不通でしたが、10キロ弱近くを走るつくばエクスプレスや埼玉高速鉄道が動いているのが分かっていました。
近くまで行ってから、最後は徒歩での帰宅かと。

10:00前頃になって電車の運行も落ち着いたと思い、非常用の水と食べ物を買って横浜線の小机駅(新横浜駅の隣)へ。
横浜線の小机駅へ

20分ほど待ってきた電車は、大幅ダイヤ削減の影響で超満員。しかも安全の為徐行運転だったので、時間もかかりストレスが溜まります。
一駅乗っただけで、新横浜で新幹線に乗り換えです。朝から正常運転だと分かっていたので選択しました。
新横浜から新幹線を選択
流石JRは新幹線に関しては振り替え輸送の発想は無いようで、通常の新幹線代でキップを購入です。

定刻通りに到着のN700のぞみで東京駅へ向かいました。
N700ののぞみで東京へ

運休のない新幹線社内は普通電車と違い、空席もあり時間通りに東京駅に到着。
新幹線社内は余裕

東京駅に着いたら、人込みで大変でした。山手線内回りから反対側はこのような感じ。
東京駅では整然と並んで待っています

この時点で運行ダイヤは通常の3~5割となっており、普通電車はどこも超満員。
以下に日頃から大量の人間を輸送していたか分かり、改めて日本の運行技術が素晴らしいと思いました。

でもこういう時ほど、日本人は凄い!! 来る電車を列を乱さず整然と並んで待っています。
騒ぎ立てるような無粋で大人気ない人はいませんでした。

神田駅を過ぎた二駅目の秋葉原駅で下車し、つくばエクスプレスに乗り換えです。
つくばエクスプレスに乗り換えです
京浜東北線で北上しても武蔵野線が動いていないので、南浦和駅からだとどうしようもないからです。
振り替え輸送なので、当然JRの定期を見せただけで無料で乗車です。

20分ほどでつくばエクスプレス三郷中央駅に到着しました。
つくばエクスプレス三郷中央駅に到着しました
ここまで二時間ちょっとだったでしょうか。

そこから三郷駅に向かうバスに乗りました。
三郷駅に向かうバス
基幹国道なら大渋滞だったでしょうが、外れているので大きな渋滞もなく20分ほどで到着しました。

三郷駅は吉川駅から二駅なので、携帯で連絡がついた家内が車で迎えにきてくれ吉川に到着しました。
もし歩いても一時間ほどで帰れたと思います。

自宅近くのお弁当屋さんで昼食を購入したのが、出発してから三時間後の一時過ぎでしたでしょうか。
お弁当屋さんで昼食を

最初と最後の画像が食べ物系というのは私ならでは。。。
通常より一時間ほど余計にかかりましたが、さほど苦労もしないで帰宅出来ました。
到着したら娘も避難した都内のホテルから帰宅しており、自宅の被害も本棚が倒れる程度でそれほどでなくまずは安心。

今回は交通機関が半日ほどで復旧したので、ネット情報から落ち着いて動く事が出来ました。
もし、歩いて帰宅しようとしたら10時間かかっても帰れなかったと思います。

夕方スタンドに行くと、ガソリンの給油規制が始まっていました。スーパーの水や懐中電灯もこれから品薄になると思います。
日本人はあのトイレットペーパー事件以降、生活必需品の確保が習性ですから。

実家の秋田や弟の住む盛岡は、やっと昨夜停電解消のようです。
最後に被災地のいち早い復旧と、被災者の皆様のご健康を祈念致します。

Comment

非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。