神谷バーへ

Category : 勝手にミシュランの部
大手町での箱根駅伝応援の後は、師匠と電車で浅草に移動です。

浅草からはスカイツリーが綺麗に見え、多くの人が撮影していました。
浅草からはスカイツリーが

新年会のお店は浅草の名店神谷バーで、去年もこちらでした。
名店神谷バー販売

本館では蝶ネクタイの渋いスタッフが、デンキブランを販売しています。
本館ではデンキブランを販売

私は冷酒や焼酎ストレート用にデンキブランのグラスセットを購入。
デンキブランのグラスセット

高知の師匠が購入している最中の後姿を撮影してくれました。
201101神谷バーで購入blog
決して太っているのではなく、ダウンの下にベストも着て着膨れなんですよ。

さて、新年会には元部署の仲間に先着してもらい、デンキブランにハチブドーパンチですね。
デンキブランにハチブドーパンチ
ビールはチェイサー代わりかと。

かつおとまぐろの酒盗は師匠からの土佐土産で、私はまぐろを頂戴しました。
かつおとまぐろの酒盗
ご馳走様です。

鰹のタタキ風ドロップス には笑えました。
鰹のタタキ風ドロップス
こういう茶目っ気は話のネタになりますね。

そうそう 金沢『村上』の【わり氷】もOさんご馳走様でした。
村上わり氷1

村上わり氷2
新年会がまずはお土産の交換会で幕開けでした。

師匠がここのところ愛用のGXRのカメラユニットA12 28㍉を持参してくれました。
神谷バー師匠の愛器A12 28㍉
私が頼んだようなもので、わざわざご持参いただき有難う御座います。

そしてA12 50㍉のMACRO GR LENS も。
神谷バー師匠の愛器

撮り比べ撮影会にデジカメ講座とカメラ話題で盛り上がりましたね。
今年はこの GXR本体 と GR LENS 購入が目標なんです。頑張るぞ!!

私のCX3と師匠のGXRの画像の違いは、師匠の神谷バー記事を見れば一目瞭然です。 根本的に年季も腕も違いますが。。。

さて 明太子きゅうり と にこごり はデンキブランに合う定番かと。
神谷バー明太子きゅうり2

神谷バーにこごり

川海老の唐揚げ・ビーフシチュー?・煮込みに大皿ソーセージ もきました。
神谷バー大皿ソーセージ
真ん中のコインは、オーダー毎に支払いするシステムなのでお釣りです。
ちょっとしたハプニングがありましたが、まぁ大人なので楽しむ事を最優先。

三人分を頼んだらデンキブランがデキャンタで。飲みがいがありましたね。
神谷バーデンキブランのデキャンタ

帰りがけ、照明に浮かぶ浅草寺五重塔を見ながら去年のお札を納めてきました。
照明の浅草寺五重塔
周りが暗いと言う事は、何時まで飲んでたの。。。?
ご心配なく、去年の飲み過ぎを反省し今年はそこそこでした。

2~3日と今年の飲み会がスタートしました。
毎年 仲間との新年会を楽しめるよう、今年も健康に注意して仕事を頑張らねば。。。

Comment

No title

こんばんは。

お師匠さんと楽しい一日を過ごされたようですね。



私はデンキブランが何かもわからず、思わずググっちゃいました。
大人のお酒でしょうか(笑)
今日はいつにも増してハイカラというか、
初めて聞く単語がいくつもあり、
洒落ているなぁと思いながらブログを拝見させて頂きました。
お師匠さんが撮ってくれた写真も、なかなか味があり、
自分では絶対に撮れないショットで貴重ですね(^_-)-☆

衛生班長さん お早う御座います。

高知の師匠さんと楽しい一日となりました。

下町では 浅草の神谷バー と言えば デンキブラン が直ぐに定番でしょうか。
初めて来店されたような親子三人さんが、娘さんがデンキブランを飲み終わるまでご両親が待っていました。
一度は体験したいお味のようです。

ハイカラで洒落ていましたか。ヽ(^o^)丿 ちょっと恥ずかしい。(^_^;)

師匠の撮影画像は、腕とカメラの性能が噛み合わないと出来ないレベルです。
ブログもビジネスブログに徹し、男性(女性にも)には楽しい内容で毎日投稿されています。
だから一回り以上年下ですから、師匠と呼ばせてもらっています。

No title

おはようございます

神谷バー素敵なところですね
今度行ってみます。

しかし・・・デンキブランはちょっと苦手だなぁ・・
ちゃんとしたところで飲めば美味しいのかな???
それも試してみます

早朝 コメ有難う御座います。

人様の事は言えませんが、お早い時間ですね。。。(*^_^*)

神谷バーのいいのは、超下町で庶民的な雰囲気です。
相席になる事もありますが、すぐにフレンドリーになります。

今度行ってみて下さい。

そして名店も数多くありますが、江戸前の浅草『魚がし寿司』もお勧めですよ。
今 投稿したばかりです。v-426
非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ