絶品の鰹を

Category : ランチの部
【まるごと高知】のB1で食前酒の次はランチを。

2Fレストラン【TOSA DINING おきゃく】で、
2Fおきゃく
高知と言えば鰹。そして名産の清水サバ・窪川ポークやはちきん地鶏を使ったメニューは、オーダーするのが楽しみです。

入って直ぐ目に入るオープンキッチンでは、鰹のタタキを目の前で藁で焼いて暖かいまま提供してくれます。
鰹のタタキが目の前で見れます
調理スタッフが下から藁を取り出していますね。

藁焼きの様子をガラス越しに撮影してみました。
①藁投入                ②瞬間に炎が上がり
藁焼き①藁投入 藁焼き②瞬間で火が

③5秒ほどで消え一瞬暗くなり    ④何事もなかったように
藁焼き③5秒ほどで消え 藁焼き④何事もなかったように

⑤直ぐに捌いて            ⑥盛り付けるだけに
藁焼き⑤直ぐに捌いて 藁焼き⑥盛り付けるだけに

ランチメニューから選らんだのは迷うことなく、
『カツオの藁焼きたたき 野菜たっぷりポン酢添え』
カツオの藁焼きたたき 野菜たっぷりポン酢添え
『たたき用に塩も用意出来ます。』当然お願いしました。
『ご飯とお味噌汁はお代わりも。。。』確かにお椀は子供用。

カツオの藁焼は焼き立てホヤホヤの美味しさでしたよ。
鰹の藁焼きは新鮮
りゅうきゅう(はす芋)の茎スライスも入った生野菜のシャキシャキ感は、塩たたきとの相性が抜群。

高知産ニンニクスライスは押さえ目にし、生生姜はたっぷりと。
ニンニクスライスに生生姜

鰹団子?が入った味噌汁は出汁が効いていましたね。
鰹団子のような味噌汁

食前酒の試飲の量が寂しかったので、こちらも休日のランチと誕生日のご褒美として一人乾杯を。
ランチには付き物?
クリーミィーな泡立ちで御座いました。照明&感度不足で黄色みが強くなったのですが、結果的にそれらしい画像になりました。

ご飯も酒どころ高知らしい新米の美味しさで、目でも楽しめた納得のランチでありました。
乾杯がなければ、ご飯も味噌汁もお代わりをしていたでしょう。

有楽町駅からも近いので、東京にお越しの際は一度お寄り下さい。
ちなみにこの日は祝日だったので12:00前でほぼ満員に近い状況でしたから、お早めの時間をお薦めします。
ちなみに夜の部は予約も可能なようです。

【TOSA DINING おきゃく】
■営業時間 土日祝
ランチ  11:30~15:30 / LO 15:00
ディナー 17:30~22:00 / LO21:00ドリンク21:30
■03-3538-4351

Comment

非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ