スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【久保田25周年記念酒Ⅲ】

Category : お酒紹介の部
久保田25周年記念酒Ⅱ】では自宅到着をご紹介しました。

付いてい小冊子には1985年から発売の久保田の歴史が、
本醸造 千寿に始まり、吟醸酒 萬寿、生酒 翠寿 と続きます。
久保田千寿 久保田萬寿 久保田翠寿

そして今回の 久保田25年記念酒 が最後のページに。
久保田25年記念酒

良い評判を聞いていましたが直ぐには飲まず、最初の口開けの機会を待っていました。

夕ご飯は刺身ご飯で、一応はウニらしきものが。
刺身ご飯
生ではありません。瓶入りの塩ウニですよ。

このまま食べるのは何かもったいない。
しかもあの久保田を眠らせておくのもなんなので、ちょっと贅沢をしてみました。(酒飲みにもそれなりのきっかけが必要なんです。)

良い仕事で生まれたお酒には敬意を表し、酒飲みとして良いグラスで傾けたいものです。

取り出したグラスは江戸切り子の夢柄子(ゆめがらす)。
江戸切り子の夢柄子
H先輩から記念旅行の際に、返礼として頂戴した品物です。

アールヌーボー風のデザインですね。
アールヌーボー風
内側に手の込んだ仕事をしています。江戸川区平井の「太武朗工房」(タブロー工房)さんの作品でした。

前置きはともかく、まずは頂戴しましょう。
太武朗工房さんの作品

『美味い!!』日本酒らしいやや甘い香ばしさに、吟醸系のすっきりさも。

普段飲む事がある本醸造千寿や純米酒紅寿とは別格で、濃厚な碧寿や萬寿(こちらは滅多に)とも違う吟醸のお味でした。
久保田の蔵人達の25年間の努力や、久保田の更なる進化への挑戦に思いをはせる事が出来ました。

この美味しさは一人で味わうにはもったいない。
お酒を愛するH先輩のお宅に週末でも持参しましょう。

但し一升瓶ごと抱えていくのもなんなので、違う銘柄の四合瓶に小分けしてお持ちしますか。
久保田や秋田の日本酒
香りとお味が変わっちゃうかな・・・?

あちらのほうには最近飲んでいるのを。。。


Comment

素敵なグラスですね

切子のグラスに目が釘付けです。
私は、ドジで雑なので、洗い物をしている時とかに、割ってしまう事があります。
気に入ったグラスは、使うのが怖いです。
だけど、こんなグラスで飲むと、おいしいお酒が、もっと、おいしくなりますね。
久保田の歴史の小冊子もいいですねぇ。
ルーツをたどる、とか、そういう事って、なぜか魅力を感じます。

Re: 素敵なグラスですね

このグラスはいつデビューさせようかとずっと思っていました。
切子の立体的な技は、デジカメからはちょっと難しかったかもしれません。

久保田記念酒の口開けには、これしかないと思い登場させましたよ。
この切子を選んでもらったH先輩のお宅に土曜日お伺いする予定です。(当然久保田持参で 笑)

このお酒は飲み始めてから15年ほどでしょうか。
一般公開していない蔵にも伝で見学させてもら、直接杜氏や麹担当の方から苦労話しを聞いていますから自分なりに思いのあるお酒です。
しかもこの酒蔵の場所は、紅葉も綺麗な自然溢れる環境なんです。
非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。