寒い時は温かい

Category : 自宅の部
麺ですね。
一気に温かさが五臓六腑に染み入ります。

今日の10月8日は【そばの日】なんだそうです。
そばの日ポスター
電車の広告で見かけたので、つい周りを気にしつつパチリと。
(ちなみにシャッター音はさせない設定にしています。怪しいと思うかもしれませんが、これも師匠の教えで自然体で撮影するのに。。。)
10が『そ』とは想像が出来ませんでしたが、こうして電車広告を出すのには理由があるんでしょう。
蕎麦はうどんやラーメンに比べどうしても粉がお高いので、小遣い目減りのサラリーマンには毎日だと厳しいのかなぁ。

さて、私の麺好きは皆さんご存知ですが、メタボ予防に入ってからはラーメン系は避けるようにしていました。
でも最近は外食が増えて、又好きなラーメン系を選んでいますが。

休みのお昼は一人だったので、一人うどんにしました。

麺つゆは市販のをあまり使いません。
パックに入った鰹節の粉末から出汁が出て、味醂・お酒に醤油をちょっと垂らして完成です。
余裕があれば、昆布一切れを30分前につけておきます。

お父さん肉うどんの完成です。
寒い時は肉うどんでも

新潟の新米に秋田の味噌を付けて食べましょう。
新潟の新米に秋田の味噌を

メタボ予防と言いながらちょっと食べすぎでしょうか?

別の日はカレーが残っていたので。。。
カレーうどんも

あの大勝軒創業者山岸さん監修のつけ麺もあります。
あの山岸さん監修のつけ麺です
ここまでは麺好きお父さんのコーナーでした。

要するに、アベチャンはご飯もいいけど麺好きです。
我が家の女性陣はバラエティ溢れご飯・麺・PANいや違うパンと色々な物を食べています。

そして冷蔵庫やテーブルには違う別腹がそれなりにあります。
別腹① 別腹②
他のご家庭の冷蔵庫を覗く事はありませんが、大体皆さん同じではないでしょうか。

毎日同じ物でも飽きない男性と、ちょとずつ食べて変化を付けたい女性の差かもしれませんね。

さあーて 今日の昼食は何にしようかなぁ。。。

Comment

非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ