北浦和 寶で新蕎麦をⅠ

Category : 勝手にミシュランの部
蕎麦会OBで現役プロの上條さんがオーナーの【北浦和 寶】さんへ、
昨夕 蕎麦会メンバーと研修生総勢19名で行ってきました。
蕎麦会の際に私達自身が上條プロからボランティアで教わっていますので、感謝もあり都合のつくほぼ全員が参加しました。

北海道は音威子府産の今年の新蕎麦粉が入荷し、『新そば会』企画のご案内があったので。
新そば会の案内で
蕎麦会メンバーが多いので、特別に祭日に開いてもらったのです。

北浦和駅に向かう電車内ではみんな品良くしています。
北浦和駅に向かう車中

17:30予定なのを『年配者が多く、しかも遠い。』と言う理由で無理にお願いし、30分早めてもらい寶さんはまだ明るい17:00前に到着。
寶さんはまだ明るい

席に着いてみると、何やら置いてあります。
乾杯前に

六花亭コーヒービーンズチョコで、ちょっとしたあてのようです。
六花亭のコーヒービーンズ入りチョコ
こういう配慮はおそらく奥様の発案かと。

乾杯はエビスと女性に人気の THE HOP でした。
エビスとTHE HOP

こうしてお店が企画してくれた事に感謝し、澤山会長の音頭で乾杯からスタートしました。
澤山会長の音頭で乾杯を

料理は三点盛り合わせと鮎の煮浸しが前菜ですね。
三点盛り合わせ

三点盛り合わせの鰯煮は銚子産との事で、ほどよく柔らかく最高。
鰯煮は銚子産

蕎麦巻きは凄いですね。素人には絶対に出来ない技です。
蕎麦巻きは凄い

蕎麦味噌をちょいと付けてみると、味の薄い上品な蕎麦巻きに最高。
蕎麦味噌をちょいと付けて
聞くと作るのに『蕎麦の実に味噌だけでなく、胡麻・イリコ・砂糖・味醂・お酒・・・ とか。』
長崎産の蒲鉾もこの蕎麦味噌には合いましたよ。

紀州産の鮎の煮浸しは、形が崩れていない姿煮でした。
紀州産の鮎

子持ち鮎の中には卵がぎっしりと。
紀州産の鮎は子持ち
至福の時 とはこういう瞬間でしょうか。

ここらからは別注文でお酒を【河童の誘い水】にしました。
河童の誘い水は20度
このお酒は宮崎産の芋焼酎で、芋特有の匂いを抑えた上品な味わいです。20度なのでロックにしてちょうどの飲みやすさでした。
この製造元のHPでも飲み方はチルドストレートかオンザロックを推奨していました。この手のお酒は翌日も残らず、今朝は快調です。

蕎麦と言えば日本酒 仲間は八海山でしたね。
仲間は八海山で

ここまでで画像が15枚になってしまいました。
まだまだ料理もあり新蕎麦画像にはまだ到達しません。記事作成時間も足りなくなってしまいました。(-_-;)

本当はこの記事作成と投稿には余裕を持って23日休み明けに予定していましたが、最近せっかちになったと言われるS会長(私は言っていませんよ。何人かが。。。(^_-)-☆)から、会長指示でどうしても今朝投稿と言われたのもので。(~_~;)

画像加工と記事作成に時間がかかる事はご存知かどうか分かりませんが、会長指示に素直に従い頑張ろうと思った訳です。
上條プロご夫婦の温かいおもてなしの気持ちと、あまりの料理とお酒の美味しさに感謝の返礼としても。。。

と言う事で今朝は前編のⅠとして、残りは明朝に後編のⅡをお届け致します。

このお店のランチは手打ち蕎麦の常識を超えた格安価格で、店主上條さんの心意気を感じます。
夜でなくても一度お試しあれ。

勝手にミシュラン ランクは。。。

皆さんのお口でお決め下さい。私はお仲間なのであえて?に。


Comment

素晴らしいですね♪

本当に、こんな企画をしてくれる事に、感謝ですねぇ。
そして、写真がうまく撮れていて、私も一緒に食べさせてもらったような気分になりました。

たまにお蕎麦のお店に行くと、蕎麦巻きを注文して食べていましたが、作るのは難しいのですね。

MMさん今晩は。。。

どんなに手がかかっても、楽しみにして集まってくれるお客さんがいるが何よりなようです。
常連さんを大事にするのは有難いですね。
写真の件、一緒に食べた気分になってもらい有難うございます。

蕎麦をこれだけ細長く作り、又 それを巻くのも大変な技術だと思います。
非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ