cx1とcx3で

Category : デジカメ・機材
一雨ごとに秋が深まる と言いますが、今朝は本当に冷たい雨になりました。
これからPANとの散歩はカッパを着せ、濡れるのを嫌うPANをだましだまし連れ出すのは一苦労です。
三日前まではTシャツ一枚だった私も、シャツの上には長袖とジャンパーでしょうか。

さて昨日の続き投稿で、まだ暑かったトマト園芸さんで、
1009トマト園芸さん
CXシリーズが二台たまたまあったので撮り比べしてみました。

まずはCX3で働き蜂君をパチリと。
1009トマト園芸さんの蜂
ズームのマクロモードにし・かつシャッター音を消していますから、蜂君は逃げないでくれました。

次は比較の為に設定をオートにして、同じ被写体で撮影してみました。

では先輩のCX1から、
CX1トマト園芸さん花①

お次は後輩のCX3にて。
CX3トマト園芸さん花①

上下の比較だと違いはあまり感じません。

左右に並べて比較してみました。 左がCX1で右がCX3です。
CX1トマト園芸さん花② CX3トマト園芸さん花②

CX1トマト園芸さん花③ CX3トマト園芸さん花③

こうしてみると違いは微妙ですが、CX3が「裏面照射型CMOSセンサー」搭載なので暗い部分もやや明るく映っています。

『解説』では、
室内や暗所など光量が少ないシーンでも明るく撮れること。あわせて、高感度でのノイズ発生量が大幅に減ったことも大きなポイントだ。

私見ですが同じCXシリーズなので、素人目には写り具合はあまり変わりません。

デジカメの購入基準はデザインやブランドと価格で選んでいる方が多いようで、買った後で『失敗したぁ~』と聞く事もあります。
ちょっと前までは30,000円前後したCXシリーズは、CX4が今月発売されたので前タイプのCX1~3は価格.comで見るとかなりお安くなっています。
CX1&2で15,000円前後でCX3で22,000円弱ですから、マクロ画像に拘るならお薦めしますよ。(^_-)-☆

こうして休日はデジカメ片手に遊んでいます。
色々な理由で始めたブログも、色々と画像を撮っているうちに撮影も趣味になりました。
そして投稿数も480本を超え、500本の大台が見えてきました。

今日は土曜日ですが、年間休日の関係で会社は出勤日です。
私は休日出勤分の代休で休みなんですが今日の予定は。

午前中はある物の到着を待って自宅待機。
午後にでも成増の店舗に寄って一仕事。そして終わったら。。。

この結果は明日以降にでも。

Comment

いいですね

カメラにもいろんな性能があるんですね。写真を並べてみると、微妙な違いがあるんですね。
私もいいデジカメが欲しいと口先で言いながら、今のところ、夫が仕事で使っているキャノンのコンパクトなデジカメを時々、借りている程度です。
私は、雑で横着なので、そういう繊細な使い方は無理かも知れません。そういえば、アキハルさんのコスモスの写真も素晴らしく綺麗に上手に撮れていましたねぇ。

私は、いつか、夜の空の写真を上手に撮りたいなと、思っています。でも、このあいだ、中秋の名月を撮ってみましたが、全然、ダメでした。
何の設定の操作もせずに、撮るだけでは、うまく撮れないのも当たり前ですよね^^;

MMさん 遅れまして。。。

最初は素人が写すデジカメだから、普通でいいやと思っていました。
土佐さんの画像とカメラワークに関心し教えを請い、そしてRICOHに出会ってからは考えが変わりました。

撮れば撮るほど色々な事が分かってきました。
ブログもそうなりつつありますが、もはやカメラも趣味でしょうか。

アキハルさんのコスモスはデジタル一眼レフで撮影です。
彼女は試行錯誤のうえに現在の撮影技術になったかと思います。

お手持ちのデジカメもそれなりの機能があるでしょうから、色々と試してみてはどうでしょうか・・・?
最近のMMさん画像は良くなってきたと思います。

夜空や月はデジカメでは限界があると思います。
うまく撮れないのも当たり前と割り切ったほうが良いのでは。。。
非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ