三ッ星十日町『由屋』と桜

Category : 勝手にミシュランの部
新潟育ちの家内が好きな蕎麦は、布海苔をつなぎに使っているへぎ蕎麦です。
布海苔なので喉越しが良い反面、蕎麦本来の味が薄く腰が強いので関東の蕎麦に慣れた人には違和感があるかもしれませんね。

十日町『由屋』さんは、新潟県 そばランキングTOP100の第二位に位置しています。
地元に愛されているからで、その理由は食べればきっと分かります。

個人的にも
小千谷『わたや』さんや長岡『小嶋屋』さんよりも好きなのですが、距離的に遠く一年半前に行ったきりご無沙汰していました。

今回は直売所巡りの途中で早めの11:30前に寄ってびっくりしたのは、すでに何組もの行列でした。
由屋の行列
人気店なのでGW中は特別の混みようで、駐車場は県内ナンバーだけでなく県外からも多く入っていました。

待つこと一時間で店内に案内されました。

まずお店に入るとお茶とお通しのように漬物と小鉢が出て、蕎麦を待っている間のつなぎにもなりますね。
由屋の漬物と小鉢
薬味は山葵でなくカラシ(この地で山葵が採れなかったよう)なのも特徴でしょうか。
薬味の下の器も小鉢で牛蒡と人参の煮付けが楽しめ、お通し代のように費用がかからず総て蕎麦の値段に含まれています。

待つこと15分くらいで野菜天婦羅が出てきました。
旬のふきのとうやこごみも入っているのは地元ならではですね。
由屋の野菜天
それにしても毎日揚げているプロのカラッとした技には感嘆です。

この日は大混雑だったので、天婦羅から10分ほどでへぎ蕎麦が。。。
由屋のへぎ蕎麦
薄めの蕎麦つゆなので、たっぷりとつゆをくぐらせ蕎麦をたぐります。
入店受付をしてから食べ終わるまで計1時間50分ほどでしたが、時間的余裕もあったので満足した昼食になりました。

普通はへぎ蕎麦に天婦羅を付けたら一人前2,000円弱でしょうが、このお店は1,500円弱でしかも量が多いときています。
女性4人グループならへぎ蕎麦一升に天婦羅二人前で、一人当たり1,000円ちょいもあれば満腹になりますね。
行列を我慢すれば味は悪くないので、蕎麦の量や小鉢も考えたらかなりのお得だと思います。

もし湯沢や六日町に行かれたらちょっと足を延ばしてみて下さい。

混雑が嫌なら開店と同時か平日に行くことでしょうか。。。


そうそう順番を待っている間に近所を散策してみました。
実家の風景に近い店の周りも、のどかで自然が溢れいいですよ。
街道沿いに民家やお店が並び、周りには田んぼや畑が囲んでいます。
日本の何処にでもある原風景でしょうか。

由屋さん近くの水沢小学校校庭の桜は、満開から散り始めでうっすらとピンク色でした。
由屋近くの水沢小学校の桜

この時期に見れるのも今年の寒波の影響のようです。
由屋近くの桜は。。。
こういう風景も地方に行った時の楽しみの一つですね。

勝手にミシュランⅢ

由屋:新潟県十日町市土市第4
025-758-2077:10:30~19:30:定休日火曜日(祝日の場合営業)

Comment

蕎麦もおいしそうですが。。

まだこの時期にこんなに桜が咲いているなんて、さすが、日本って四季がある上に、南北に長いので、国内移動で、こんなに季節をずれて体感できるのが、すごいですね。
地面に一面に桜の花びらが敷き詰められていて、とても美しいです。

みんな美味しかったですよ。

北海道でやったソメイヨシノが開花したようで、いつもながら日本の緯度を感じますね。
田舎の桜の花びらは澄んだ空気のせいか、関東よりも一段とピンク色が綺麗な気がしました。

その土地で収穫されたのを食べられるのは旅の喜びですね。
今回は旅というよりは、家内の母を楽しませる目的もありました。

No title

1時間50分もかかって満足なさったお味は
いったいどんなものかしら・・・と、想像して楽しみました(*^。^*)
蕎麦打ちさんを満足させる蕎麦かぁ。
どれほどおいしいものなんでしょうねv-353

桜がきれいに写ってて素敵ですね。
やっぱり色が、ちゃんと出てますもん。
きれいな、いいアングルで撮れましたね♪

じゃぽんさんお早う御座います。

急ぐ旅の途中ではなく身内で行ったので、ノンビリと待つ事が出来ました。
田舎に行ったらアクセクは禁物ですね。
新潟の布海苔を使ったへぎ蕎麦は特徴がありますが、今まで食べた中では合格点です。
そして小鉢や天婦羅も美味しく、メンバー全員が満足しました。
人気店にはそれなりの理由とお店の努力があると思います。

今年も桜を何百回も撮影しました。
携帯よりはデジカメの操作は簡単ですから。。。
数打てば当たるで、良いと思うのだけ投稿してるんですよ。
非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ