早いクリスマスプレゼントⅢ

Category : デジカメ・機材

三脚の使用方法・・・
GBOY1

早いクリスマスプレゼントⅠ と題して11月に投稿していました。

こんな画像を入れましたね。 
GBOY2 GBOY3

早いクリスマスプレゼントⅡでは、蕎麦打ちなりの記事の書き方を。

もう2週間で『お子様楽しみ282・ご父兄恐怖40』のイブとなります。
もうそういうイベント卒業の私の昨年は、お相手の居ない方と275でお付き合いだったかな。


今回は高知の師匠より学んだ撮影ポイントを、簡易マニュアル風にまとめてみました。
時々画像が綺麗と言われるのも、師匠直伝のお陰です


私のカメラは現在、ご存知このコンデジCX1の一台だけです。
CX1main.jpg
高知の師匠にご相談したらRICOHを勧められ、
この愛機で風景から現場、趣味の蕎麦・料理まで総て撮影しています。


1.マクロ機能の活用
CX1の特徴はカメラを被写体に1cm(近接最短撮影距離)まで近づけて撮影できます。
マクロ機能

この機能があったればこそ、個人のも会社のもRICOHを選択です。

このマクロ機能を使いこなせば、鮮明な画像を撮影出来ますよ。

マクロ画面例po3_p4 ○の部分のチューリップですよ。

どのメーカーさんのデジカメでも携帯電話にもほぼ共通マークです。

但し手ブレ対策が伴わないと、この機能を使いこなせません。


2.手ブレを極力押さえる

TOP画像はその為のミニ三脚です。2,000円もしません。
そそてほとんどの画像は2秒の
タイマー設定をしています。

これは特に夜景や接写の場合の常識ですから、あえてここでは。。。


3.撮影角度の重要性

特に料理関連は普通に撮影すると。。。
真上より 正面より
真上や正面からでどこにでもありそうなただのお弁当です。
                         ↓
これを斜めから撮影してみるとどうでしょう。
斜めより 
しかも全部を写そうと思わないで、ポイントだけでいいんです。
  
料亭のお弁当のようで感じが違ってきましたね。

料理全体を撮影しようと思わず、 一部だけでいいんですね。
雑誌のお料理コーナーやレシピ本で見ると、こういう撮影角度は多いですよ。
何故か・・・。 感性やプロらしさを求めた結果ですかね。
 


4.ほとんどフラッシュは使用しない

最近のカメラの技術的な進歩は目覚しいものがあると思います。
薄暗くてもカメラが自動的に、明かりやスピードの補正をしてくれます。

そして人工的な光でなく、自然光のほうが被写体が自然です。
フラッシュを使うと影も出やすくなります。

私はほとんどフラッシュを使いませんので、基本は発光禁止に。


5.露出補正を活用

露出補正とは、下の写真のように写りを明るくしたり暗くしたり調節することです。
0.0が露出補正をせずに撮影した写真で、それを基準にプラス(+)へ調節すると明るく、マイナス(-)へ調節すると暗く撮影することができます。(RICOHマニュアルより)
RICOH露出補正例

私もこうして試してみました。

室内だとこうも違い、感じが違ってくるのが分かりますね。
露出補正例1露出補正例2露出補正例3露出補正例4 

今週日曜日の蕎麦打ち教室案内黒板でも試してみました。
露出補正-1 露出補正0 露出補正+1


最後に画像に興味のある皆さんへ

カメラ添付のマニュアルやカタログでは文字が多く分かりにくいのですが、メーカー各社のHPにはビジュアル的で見易いマニュアルを用意しています。

もっと上手にと思う方は、お使いのメーカーさんのHPサイトにアクセスしてみて下さい。


私はRICOHのHPの分かり易い撮影マニュアルでも勉強しましたよ。

各メーカーさんにもありますよ。
SONYのサイバーショット はこちらから
NIKONのフォトテクニック はこちらから
Panasonicのルミックス はこちらから

それでは若いお父さん・お母さん2週間後にはお子様へのプレゼント宜しくお願いします。
各ご家庭で笑いと歓声があがるのを楽しみにしています。

Comment

No title

こんにちは。
私のデジカメの画像が悪い・・と言う息子に「だったら貴方のデジカメ貸してよ」と言ったら「貴女には使いこなせない」と言われてしまいました・・

蕎麦打ちさんらしいね~~
恐れ入りました~~(^^ゞ

゚+。(o'д'ノノ゙☆パチパチパチ。+゚

次にデジカメ使うトキの参考にします。
今持ってるのはクールフィクスでウィーーーンの音ヵらカシャまでの時間が遅くてシャッターチャンス逃してしまうんですよね。

携帯もカメラ得意のがあるみたいで
次ゎそれにしようと思ってます。

フラッシュつかわないんですねw
  φ(・ェ・o)メモメモ・・・おぼえておきますね。

勉強になりました

だけど、やっぱり、ちゃんとしたデジカメでないと、そこまでいい写真は無理なんでしょうか~。デジカメは、夫が現場写真を撮る用に、最近、購入しましたが、自分はまだ、携帯電話についているカメラを愛用しています。バッグが重くならないように、なるべく持ち物を増やしたくないというのが、理由のひとつなんですが・・。このカメラでも、綺麗に写せるように、ちゃんと説明書を読んで、もっと活用したいと思います。

お姉さんには違う技が・・・

今晩は。
確か息子さんはRICOHやシグマとプロユーズみたいなコンデジをお持ちですよね。
親子の会話に他人は入れませんので、この部分はノーコメントにしておきます。

カメラ技術以前に撮影魂が詰まっていますから、幾多のTFC店さんや社員・関係者が登場した事か。
普通は断られるのが多いのに、ここまで多いのは立派な点です。

ブログで何を伝えたいのか、目的が各々ありますから、楽しめばいいんですよね。

小町さんパチパチどうも。。。

どう致しまして。

カメラによって起動時間にバラツキがあり、しかもシャッターチャンスは確かに厳しいですよね。。

最近の携帯の進歩には驚きます。
私の携帯は2年目に突入で、なんとか満2年は使おうと思っています。

カメラ上手の方の撮影の様子を見ると凄い参考になりますよ。

MMさんお早う御座います。

いつもMMさんも言っている事ですが、ブログ発信の目的を何にしてスタンスをどこにおくかで、カメラ画像も違ってくると思います。

私は自分のちょっとした拘りで綺麗な画像にしたいのです。
口はばったいですが、参考にされる方がおられるかもしれないので、撮影とその後の処理には気を使っています。

失礼ながら女性は一般的に説明書を読むのが苦手な方が多いようです。
私もせっかちなので活字の多いのはあまり読みません。
だけど、最近のカメラメーカーさんのHPのマニュアルは、ビジュアル面でも見やすくなっていますね。
非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ