新潟シリーズⅦ朝食

Category : 新潟
一般的な新潟らしいの朝の食卓をご紹介します。

新潟の正月料理といえば【のっぺ】が有名です。
義母がお祝いもありたくさん作って待っていてくれました。
新潟朝食のっぺ
のっぺの出汁はほたての貝柱を干したのを戻して取り、そこに里芋や人参・蒟蒻の野菜類に
干し椎茸等が入りヘルシーかつ風味豊かな味に仕上がります。
ご飯のおかずにも合いますが、呑み助さん達にはがすすむあてでもあります。

各家庭によって代々引き継がれた味があるようで、入れる食材も微妙に違うようです。
秋田育ちの私には新潟で最高の料理です。
ちなみに家内も正月には作ってくれますよ・・・。

次は食用菊のおしたしにおろしを添えています。
新潟朝食お浸し

醤油でなく前日に山古志地区で買った【かぐらなんばん味噌】を入れたらGOODでした。
新潟朝食かぐらなんばん味噌
蜂蜜を使った上品な甘辛さが白いご飯だけでなく、こういう調味料としても使えます。

前夜のお寿司屋さんでも、黄色に紫の品種(もってのほか)を混ぜて酢の物に。
新潟朝食お浸し前夜

塩辛も青森県むつ市出身の義母の自家製で最高ですよ。
新潟朝食塩辛2
地元では塩辛が出来て嫁として一人前のような土地柄だったとの事です。

もう一つはやはり前夜のお寿司屋さんのです。
新潟朝食塩辛1
どちらも新鮮はゴロを使っており、それぞれが微妙に違う良いお味でした。

全体的に実家の秋田で紹介した 健康的な食事 同様に、
かのか&姫だけ煮物
塩分さえ気を付ければ自然の食材を使った野菜類中心の健康食が多いのです。

地元の味を堪能出来る新潟の朝食でした。
お義母さんご馳走様でした。


『新潟シリーズの最後に(ブログネタに関して)』
皆様に長らくお付き合い頂きましたこのシリーズは、当初2泊3日の予定でネタ的には2~3回分と思っていたのが、あれよあれよとどんどん増え7回に渡り報告となりました。

更に投稿しようと思えば、高速道路売店・結婚式料理・地元GSからの開店サービス等ともっとありました。
毎日投稿を継続している事で、ネタを見付けるのが自然になったのかと思います。

ブログは自分の行動半径5㍍前後の範囲からネタが発生すると聞いた事があります。
趣味や自宅・職場の話題だけではどうしても苦しくなるので、お出かけする事もネタ探しだけでなく、自分のリフレッシュや感性アップにもなり重要だと思います。

コメントを多く頂戴する鹿児島のちょっとお姉さんは、よくご家族(ご主人・お嬢様)と九州中を
ドライブされておりネタで投稿しています。
息子さんも撮影してきた画像を、お姉さんに提供しています。

兵庫のMMさん もご主人とワンチャンとのキャンピンカー道中記や、ご家族での旅行記事をよく投稿しています。

ご家族のご協力があってのブログには、発信者様の一体感を感じ読む側も嬉しくなります。

ご連絡ここのところPC不調で、コメントに返信が遅れる場合はご了解下さい。
ちなみにこの記事も予約投稿分です。

新潟シリーズⅠお魚で はこちらから
新潟シリーズⅡ御用達 はこちらから
新潟シリーズⅢ復興 はこちらから
新潟シリーズⅣヨーカン はこちらから
新潟シリーズⅤ散歩 はこちらから
新潟シリーズⅥ若者 はこちらから

新潟シリーズへのご訪問有難う御座いました。

Comment

煮物おいしそうです。

新潟では、さすが海が近いだけあってホタテでだしとってするんですね。
ワタシゎ筑前煮を鶏肉でします。ゴボウをサトイモのかわりにつかうかな?
子供が根菜好きで煮物やキンピラゎ世間の家庭での2倍の量を作ります。
母の味が好きって言ってくれるが何よりですよね(*^-^*)
あ~煮物自分が食べたくなってきました。
今夜はサンマなんですがサトイモ買ってかえりましょうかね★
キレイなグリーンのインゲンがまた食欲そそりますね。

No title

いかの塩辛は、作る人によって
こんなに色合いも違うんですね。
母が大好きなのですが、昔から
「子供は食べられないの」と、
食べてないので、食べ比べることもできません^^;、
蕎麦打ちさんは、ほんとうにいろんなものを
食されてきたようで、舌もかなり肥えているのでは(^^)?
おいしそうな料理、今日も目で楽しませていただきました♪

No title

今夜はご馳走食べて今帰ってきました・・
税理士さんのセミナーがあって、セミナーには息子が、夜の懇親会には私と社長が・・・
一寸変・・・かな・・?
息子にも自覚持ってもらわんとダメだから・・
って言い訳にしか聞こえませんね~~

またまた・・リンク有難うございます。
嬉しいです。

新潟のお料理は見た感じ薄味で健康に良さそう・・
「のっぺ」・・・私の実家にも「のっぺ」があって、葬式とか法事の時に作ります。
根菜を小さく切って味付けし片栗粉でトロミを付けていただきます。美味しいですよ!
新潟のとは一寸違うかもしれないけど、根菜中心みたいですね~~
菊も普通に食べるんですね。
さすが新潟・・・どんな味なんだろう・・不思議・・

料理上手な小町さんへ

二回も有難う。

新潟はホタテの産地ではないので、もっと北の北海道や青森産ですよ。
干しホタテなので、ちょっと贅沢でお目出度い正月しか使えないのです。
鶏肉と牛蒡の組み合わせも最高ですね。

関東以北は濃い目の鰹ベース醤油出汁だけど、関西は昆布ベースの薄味ですかね。
考えるだけで朝からよだれが出てきます。

お子さんの根菜好きは結構ですね。
怪獣君達の食育はバッチリです。
母の味が得意なお母さんと、作った物を素直に誉められるお父さんに育ちます!!きっと。

小町家の煮物料理 今度投稿して下さい。

アベチャンがたまに作る料理は大根ベースの根菜系が多いかな。
これもブログネタで仕込んでいますよ。

Re: No title

おそらく義母のはお安い冷凍物で、お寿司屋さんのは生の近海物だと思います。
正直な話 手前味噌ですが、義母のが舌に馴染んでいるせいか塩分も丁度で美味しかったですよ。

姉は子供時代にショッパイ鮭・鱒や塩辛の食べすぎで入院した事があるそうです。
何事もほどほどですかね。

私は決してグルメではありませんよ。
ただ蕎麦打ちの関係で、自ら出汁を作っているので化学調味料系は一切使いません。
そうしたら、天然の味が分かるようになりました。
だからファーストフード系はほとんど食べません。
後はカメラの性能で、美味しく見えるのが大きいです。

お姉さんお早う御座います。

今夜はご馳走で良かったですね。
一寸変・・・かな・・?と思いますが、息子さんの様子から何気に想像しています。

リンク作戦は勝手にやっているので気にしないで下さい。
「のっぺ」は素材と出汁を活かす溜め、薄味ですよ。
壱岐にも「のっぺ」があるのは、新潟と日本海でつながっているせいですよ。
昔の北前船で交流していた関係では。

いつか新潟に旅行はどうですかぁ。九州と違って気候や食べ物が違います。

まずは、リンクを貼ってくださり、ありがとうございました。やっぱり、こんな風に、紹介しあうのって、いい事ですよね。
新潟シリーズ七編の仕上がりでしたね!
中身の濃い内容で、楽しく拝見させてもらいました。こんな風にブログ発信ができるので、旅の楽しみが倍増するし、いい事がたくさんですね!
そして、いつもながら、おいしそうな料理のオンパレードですね。こんな風にいつも写真に収められているのが、すごいと感心しています。私なんかは、食べ物を前にすると、つい、撮影を忘れる事がほとんどです(笑)

MMさん有難う御座います

こちらこそコメント有難う御座いました。
色々とすいませんね。

勝手にやっているリンク作戦ですから気にしないで下さい。
こちらは良いと思う記事をご紹介しているだけです。
新潟シリーズ七編は私なりの視点でお伝えしたかったのです。
有名な観光地でなくても、ネタは探せば転がっています。
(偉そうにすいません。)

料理を食べる前に撮影するので、家族と仲間に煙たがられています。
蕎麦打ち仲間はPRなので、どんどんという感じです。
非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ