北の恵みⅡ釧路

Category : 北海道

釧路の夜は大学時代の旧友との10年振りの再会でした。

案内してもらったのは、繁華街末広町の酒肴 瓢(ふくべ)さんでした。
ふくべ①  ふくべ②  
釧路名物の炉辺焼きに行くのかと思っていましたが、じっくり話しが出来る場所という事で
案内された高級店でした。 結果的にかなり散在させてしまいました。有難う御座います。

早速は地元産のお刺身です。                275は一杯(二杯?)にして早速日本酒でした。
ふくべお刺身  お酒もふくべ

メイン酒肴は厚岸産の牡蠣です。高級ブランドの【かきえもん】 だと思います。
厚岸牡蠣
翌日広大な厚岸町の山野を眺める国道を走りました。
広大な大地からのミネラル分を吸収して、こういう身の締まった牡蠣になるんですね。

焼き牡蠣に・・・
厚岸焼き牡蠣

生牡蠣だったかな・・・?
厚岸生牡蠣
美味しい素材と料理には写真させあれば、余計な説明は不要です。

最後の食事代わりは、今が旬の秋秋刀魚のお寿司でした。
秋刀魚握り①

おそらく地元釧路漁港からの水揚げで、これほど鮮度の良い秋刀魚は初めてでした。
秋刀魚握り② 

旧友に薦められ、もう一皿お代わりしましたね。
秋刀魚握り③アップ 
表面の輝き具合から、脂身の具合も分かるかと思います。これもお代わりしたかな・・・。

美味しい料理を堪能して、お店を出ましたがまだまだ話し足りません。
昔ならこの後は違うお店に行ったかもしれませんが、年齢が年齢なので次は・・・?


本当に最後の締めは『なんたって アーイドル』ならぬ、定番の釧路のラーメンです。
釧路締め①  釧路締め②
ラーメン屋さんの名前は撮影漏れしましたが、シンプルな具材の豚骨風味噌味でした。
日頃の麺好きにしては珍しく、北海道での麺類はこのラーメン一杯だけでした。
流石にこのお店の支払いは私がしました。 

地元産の食材をたっぷり頂戴した、北海道の初日の夜でした。


実はこの記事は10月初旬投稿予定でしたが、つい睡魔に襲われ公開のまま保存して
しまったようです。 
旅行のストーリー的にも順番が違い、作成中で未完成のままでした。
未完成なのにコメントも頂戴し消すのも何なので完成して再アップしました。
来週、 北の恵みⅠがアップされます。(失笑)


本日のMY BEST SHOT Ⅲ 
北の幸とプロの技 
『北の幸とプロの技』

という事で昨夜のコメントへの返事は今朝まとめてしております。
皆様すいません。
いけないこれからPANとの散歩です。
会社も正式には16日ぶりです。社会人初の15日間の連休となってしまいました。

Comment

No title

これはこれは、楽しかった宴でしょう。
生ガキに、さんまの寿司。
どちらも、新鮮でなければ食べられないものですね。
つやがあって、本当においしそうですね。
お酒にぴったりです。
というか、見てたら飲みたくなってきました(笑)
締めのラーメンもまた然りです。

ブログ訂正の件は、気になさらないでください。
せっかく来てくださる方に、ちゃんとした情報発信したいので、直してみました。
かにチップスは、ほんとにレアものみたいで、北海道の方が、見たことないとコメントいただきました(*^。^*)
そして、本日はとばさんを頂きました。
しょっぱくなくかつ柔らかいので、糖尿の気がある父が一番喜んでました(笑)
有難うございました。


No title

こんばんは♪
美味しそうな酒の肴に、思わず反応してしまいました・・(汗) ^^;
いいですね~♪(笑)
美味しそう・・♪
日本酒にピッタリですネ・・ ^^*

No title

こんばんは。
私は光物のお寿司が大好きです!
イワシ・アジ・・・中でも一番好きなのがしめ鯖の寿司・・・美味しい!!
この秋刀魚のお寿司も美味しそう・・
これでもか・・これでもか・・と
何枚も何枚も写真見せられるとたまらない・・
旧友との再会・・よかったですね。
久し振りのお仕事疲れたでしょう?
ゆっくりお休み下さい・・
お休みなさい・・・

Re: No title

お早う御座います。
お姉さんも昨日から本音記事でスタートしましたね。笑わせてもらいました。

シンプルで酢の効いた光物は私も大好きです。
酢飯にはあっさりの青魚系ですよね。
どんどんアップしていうと食べているような気になりませんか・・・?

10年振りの再会だったのに、話は思い出話より今後の事についてでした。
男性は短いトークと結論が早いのが好きな傾向なのです。

久し振りのお仕事は疲れたというか、組織では一人が居なくても会社は回っているという事を感じました。自慢している訳ではありませんが、企業はそうじゃないと若手が育ちません。
非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ