NHK番組のご紹介

Category : 秋田・東北
秋田弁を聞きたければ・・・。

NHK番組「新日本紀行ふたたび」は、土曜日放送という点もあり良く見るTV番組の一つです。

日本各地の30~40年前と現在との映像比較により、暮らし方や文化・伝統の歴史の変遷がわかる放送です。
私が丁度高校生まで過ごした秋田の原風景や当時の暮らしぶりが、全国でも共通の部分がありノスタルジアもあって見ています。

新日本紀行


でもって明日の土曜日には
「春風に凧が舞う 〜秋田県湯沢市〜」新日本紀行の放送/1971年(昭和46年)
として、今回は実家のある秋田県湯沢市の風景・市民が登場します。
(実家から10㌔離れており、アベチャンの親戚はまったく関係ありませんが・・・)

・・以下NHKより抜粋・・

秋田県南東部の湯沢市。年に5か月近く雪に閉ざされるこの町には、江戸時代から続く独特の湯沢凧(だこ)が受け継がれている。春を迎えようとする3月、湯沢では凧あげ大会が開かれる。昭和46年の「新日本紀行」では、湯沢凧の伝統を守ろうとする人々の姿が描かれた。あれから38年。年に一度の湯沢の凧あげ大会は52回目を迎えた。湯沢凧同好会の会長、小野育朗さんを中心に、雪深い山あいの町で春を待つ人々を見つめる。
4月11日放送

放送予定
総合テレビ 平成21年4月11日(土)午前11時25分~(近畿地方は別番組)
BS2    平成21年4月13日(月)午後 3時00分~

今回は私が丁度中学校を卒業~高校合格の時期に、放映された内容がリメイクされています。

もし時間的余裕があり、春先の雪景色や秋田弁(年配の方が話す内容は50%以上聞き取り不能と思いますが・・・)に多少でも興味がある方は、チャンネルを押して頂ければ幸いです。

故郷を離れた事を経験された方であれば、おそらく多少なりともこの気持ちは分かってもらえるかなと思っています。


PS.桜関連の投稿を多くさせてもらいましたが、一昨日から散り始め周りは桜吹雪となりました。
桜の用水路
用水路も桜色になっています。

又、一年後の関東の桜と、これからの北上する桜情報が楽しみです。

Comment

No title

懐かしいです!! 『新日本紀行』という番組。私の実家は
夕飯を 19時頃と 大体決まっていて 7時のNHKニュースその後も NHKを 8時までは 見る。と 父が決めた事ですが、確か 何曜日だったか 忘れましたが 『新日本紀行』を 見た覚えがあります。当時は 子供だったから つまらなかったけど
あしたは ぜひ見てみたいです!!

懐かしいという事が大事だと思います

当時のNHKは国民放送と呼ばれていましたから、全国のお家はほとんどそうだったと思います。
私も若いときは新日本紀行は見ていませんでした。
この年齢になって視聴するようになり、きっと余裕も出来たんでしょうね。

時間があればど う ぞ ・・・。
非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ