2016年度打ち納め

Category : 蕎麦打ち
昨日の日曜日は蕎麦打ちサークル【吉川そば打ちめいじん会】の、本年の打ち納めでした。

石崎会員の蕎麦は打ち上がりがとても綺麗で切り幅も均一でしたから、こういう蕎麦は美味しいに決まっています。

20161225石崎会員の蕎麦

茹で上がりはするっとしたのど越しで、全員が満足した蕎麦になりました。

20161225石崎会員の蕎麦茹で上がり

来年もこういう蕎麦を目指しましょう。


20161225参加人数が30人を超えた蕎麦の前の料理

この日は参加人数が30人を超えました。

2016125久保庭会員の天婦羅

蕎麦を食べる前の料理は、いつも以上に盛り沢山で料理当番も大変。
まずは久保庭会員の天婦羅です。

久保庭会員の天婦羅左から人参~インゲン~ピーマン~長芋~さつま芋の5種類。

2016125久保庭会員の天婦羅左から人参~

自宅で仕込んでこないと、これだけの量の人数分を揚げられません。


中村会員の冬の定番料理となった豚バラ肉の白菜ミルフィーユ。

20161225中村会員の冬の定番料理となった豚バラ肉の白菜ミルフィーユ。


自家製の差し入れも多く、佐藤会員からは吉川産のみかん。

20161225差し入れ自家製みかん

研修生の山口さんは、ご自宅で栽培したさつま芋を竹で焼いてもってきてくれました。

20161225差し入れ自家製石焼き芋


参加者を代表して、研修生のTさんの大満足の様子でした。

20151225研修生のさんのTさんは満足の様子でした。


蕎麦打ち活動が来年で足掛け20年目に入ります。
今まで元気に継続出来たことに感謝し、最後に皆で今年一年の締めをして定例会は無事終了しました。

尚 会員有志で年内に年越し蕎麦打ち 兼 納会も予定しております。
何かにつけ集まることが好きなおじさん達ですね。

Comment

非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ