スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年「甲子園塾」が生んだ初の日本一監督

Category : 甲子園 から学んだ事
朝日新聞のネット版をそのまま引用させてもらいました。

小針崇宏さん  

作新学院の小針監督



 母校を甲子園で頂点に導いた。「選手の気持ちがここまで野球に乗り移るとは思わなかった」と目を潤ませた。

 1年前、「お前らみたいなチームが日本一になるんだよ」と選手に言い聞かせた。スターがいるわけではない。でも、上手になりたいという気持ちは、これまでのどのチームにも負けなかった。「夏まで伸び続ける」…


 33歳で54年ぶりの名門復活を果たした作新学院の小針監督。日本高野連が開講する指導者講習会「甲子園塾」の受講生として初の日本一監督となった。

動画もニュースも「バーチャル高校野球」

 2008年に始まった甲子園塾は原則、教員歴10年未満の若手とベテラン指導者が寝食を共にし、指導のあり方などを学ぶ。小針監督が参加したのは09年冬。故・尾藤公さん(元箕島監督)、山下智茂さん(元星稜監督)らが講師を務めた。

 小針監督は09年夏に甲子園に出場したが、初戦で敗退。すでに体調を崩していた尾藤さんから「選手に意思を伝えるように」と助言され、ミーティングをよくするように。そして、11年から連続出場が始まった。

 山下さんは「講習会での小針君は、目の輝き、情熱がすごかった」と当時の様子を鮮明に覚えている。

 指導者の情熱――。これなくして、名門復活はなかっただろう。(吉村良二)


こういう熱い監督さんがいてこその全国制覇。

まだまだ日本の教育は、多くの日本人に共感と感動を与えてくれます。

Comment

非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。