続ける 務め

Category : 市井の人
昨日の夜は国民にとって大きなニュースが二つあり、テレビと新聞をじっくりと視て読んだ時間を過ごしました。


まずは イチローの 大リーグ通算3000安打の達成。

その瞬間のイチローの歓喜の表情、その後のベンチの一番奥の席に座った時は、私にはイチローが涙しているように見えました。 
イチローは、ゲーム中は決して感情をあらわにしないことで有名です。

人間イチローを強く感じました。

ネット上でも、サングラス越しに汗なのか涙なのか、頬を濡らすイチロー選手の姿が話題になっています。


42歳のイチローのコメントは、いつもの仙人か別次元の人と思える内容と違い、非常に人間らしい。

「この瞬間にとても満足ですし、それを味わうと、次へのやる気、モチベーションが生まれると、僕はこれまでの経験上信じているので、これからもそうありたい」

彼がトップアスリートとして心技体の限界を悟り、自らバットを置く日まで これからも 続ける であろう、プロとしての生き様を見守っていきたいと思います。



そして 天皇陛下の 「生前退位」への思いがにじんだ、お気持ちのビデオメッセージ。
11分間の放送をじっと視て、聞いておりました。

ネットより抜粋。

「私も八十を越え、体力の面などからさまざまな制約を覚えることもあり……」と老いの実感を吐露。個人の考えと前置きし、一呼吸置いてから、即位後約28年間の歩みを振り返った。


「(身体の衰えで)全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないか」「(摂政制度は)務めを果たせぬまま、生涯の終わりに至るまで天皇であり続けること……」。


約11分間で7回「務め」という言葉がありました。
日本国憲法第1条が規定する「日本の象徴かつ日本国民統合の象徴」を 守り続ける ことに、天皇自らが進退のお気持ちを表現していました。

1933年〈昭和8年〉12月23日生まれの今生天皇は、今年のお誕生日で 83歳になります。

42歳のイチロー選手と、82歳の天皇陛下。

ちょうど 私はその中間の年代層になります。
自分に誇れるほど生きてきたかと言うと、世間一般の 市井の人ですから、誇れることは特にありません。

しいて言うなら 一般的日本国民がそうであるように、所得税・住民税などの納税の義務を果たし、選挙権は棄権することなく行使している点でしょうか?

これからも続けることを期待される選手と、自らの幕を閉じ次の後継者に継承したい天皇陛下。

お二人の歩んできた道のりの重さを感じ、今後を見守りたいと強く思った昨日でありました。


そして六日と九日は未来ある子たちへの為にも、決して風化させてはいけない日と思っております。



今朝のオリンピック金メダル2個獲得ニュースには、ことさら元気が出ました。

オリンピック応援2016


夏の甲子園も今日で三日目になります。

今日明日の二日間が終われば夏休みに入りますので、ゆっくりとテレビ観戦したいと思います。

Comment

非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ