スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八坂祭り2016年とNHKで吉川市ご紹介

Category : 地元吉川市
世間一般の大手にお勤めの方はこの週末は三連休だったと思いますが、中小企業に勤務中の私は昨日の日曜日と今日の海の日が休みの二連休でした。

八坂祭りは7月16~17日の二日間 土日に開催されました。

吉川八坂祭り2016年

【吉川市商工課HPより】

四百年の歴史を持つ吉川八坂祭り。俗称を天王様と言い、商売繁盛、五穀豊穣、悪疫退散を祈念し、平沼の氏子が奉仕する吉川八坂神社の祭儀です。独特の吉川甚句の節に合わせ神輿を担ぎ、神輿を頭上高く差し上げ、更に上に投げ(サシ)揚げることから暴れ神輿・喧嘩神輿と呼ばれています。しかしながら、不思議なことにトラブルや怪我人等の犠牲者が出ないめでたいお祭りとしても知られています。

力自慢の船頭がメインだったようです。


さて 休みの日のPANとの散歩当番は、当然早起きお父さんの私が担当します。

そこで 散歩コースを、平沼地区の主要町会巡りに変更しました。


今年3月までの2年間 平沼一丁目野尻地区の副班長でしたので、集会所に二日間詰めておりました。

平沼野尻町会集会所



芳川神社は前夜からの露店がシートに覆われています。

芳川神社内に


上河岸町会、

上河岸地区


上町町会、

上町地区


仲町町会、

仲町地区



平沼地区は古くからの住民が多いので、核家族化した最近は息子・娘世代が他の地区に住んでいるご家庭が多いのは全国的に多い傾向です。

この日に合わせ、多くの子供達や親戚が集まりますから、孫世代も含め賑やかになります。

私はこの日は午前中は蕎麦打ち。午後は暑かったの休憩し、夕方からは蕎麦打ち会の暑気払い(後日アップ予定)。
よって 今年は各町会の暴れ神輿は撮影しておりません。


お祭りの二日間はまったく地元に貢献出来ませんでしたから、今朝は8:00から 自宅前の提灯・しめ縄の撤収だけでなく 集会所の掃除も応援させてもらいました。

我が家の祭り提灯


平沼野尻地区は現在八班の構成で、昨年私の属する七班がお祭りの当番でした。
二班ずつ交代制でお祭り当番となりますので、三年後にはお祭り当番として、揃いの浴衣でのお手伝いとなります。


ほんの一時間半ほどのお手伝いで汗びっしょり、直ぐにコンビニでスポーツドリンクを買い込み。
自宅でシャワーで汗を流した後は、ドリンクを飲んでからエアコンの効いた部屋で一休みとなりました。

年齢的にも熱中症になりたくありませんので。


一休みしたら、家内のお供で隣の三郷市にある ららぽーとにお買い物。

テナントで入っているニトリで、夏用の寝具やカバーを購入するので運搬・運転手役です。

丁度お昼の頃でしたので、フードコートで食券購入の為 行列に並んでいると、携帯のメール着信音が鳴りました。

ブロ友の秋田のアキハルさんからでした。

NHKのひるブラ の 生中継で、

NHKひるブラheader_banner


庶民の味方!養殖ナマズの実力~埼玉・吉川市~ が放送されているとの事。

NHKひるブラ7月18日放送


ご連絡有難う御座いました。


私の携帯はガラケーですが、ワンセグ機能も付いており つけ麺を食べながら拝見しました。


吉川市の八坂祭りは、市内を流れる中川と船頭があってこそ。
その中川水系と本流の江戸川水系があってこそのナマズ養殖の歴史があります。

東京駅から直通で電車で一時間圏内ながら、まだまだ数百年続く伝統と自然豊かな平地と川がある町であります。

東海以南は梅雨明けしたようです。

関東は今週には梅雨明けでしょうが、まだまだ猛暑が続きます。

梅雨対策の後は引き続き猛暑対策での通勤となります。

Comment

なまずでした。

普段は見ることのないお昼の番組でしたが、スイッチをつけた時点で見つけた見覚えのあるなまずのマークのおかげですぐに吉川市だとわかりました。
お疲れの上、お出かけとは知らずにあわてて報告してすみませんでした。
田舎者なので、テレビに知ってるところが出ると興奮してしまいますから...
どこの地場産業もですが、始めたことが商品として消費者に認められるまでが一番大変なことだと思います。吉川市では養殖されている方々の、研究や努力が実になってきているようで大したものだと思いました。
いつかはナマズ丼を食べてみたいと願っています。

なまず なんです

吉川市のマスコットは なまりん。
娘は なまりん ポロシャツやTシャツを何枚も持っています。
市民マラソンボランティアの帽子も なまりん。
市のマークや下水の蓋にも なまず。 なまずだらけなんです。
ナマズのから揚げは、私は当然食べていまして、淡水魚の白身魚そのものです。
ナマズ丼は未体験ですけど。

でも首都圏在住者が故郷の様子が放映され、嬉しくて実家に連絡をするパターンはありますが、
アキハルさんから逆に 秋田から埼玉への連絡は逆パターンで、お互いに故郷や住まいを認識し合っている証拠と思います。

養殖に熱心な方は市内でも有名人です。
どうやらなまずがもう少しメジャーに宣伝される情報もあり、その時はアップしますね。



> 普段は見ることのないお昼の番組でしたが、スイッチをつけた時点で見つけた見覚えのあるなまずのマークのおかげですぐに吉川市だとわかりました。
> お疲れの上、お出かけとは知らずにあわてて報告してすみませんでした。
> 田舎者なので、テレビに知ってるところが出ると興奮してしまいますから...
> どこの地場産業もですが、始めたことが商品として消費者に認められるまでが一番大変なことだと思います。吉川市では養殖されている方々の、研究や努力が実になってきているようで大したものだと思いました。
> いつかはナマズ丼を食べてみたいと願っています。
非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。