生蕎麦を謹呈❷茹で方編

Category : 蕎麦打ち
今回 蕎麦をクール便で発送した皆さま三名様向けに作成した茹で方編になります。

実は手打ち蕎麦を極めていくと、壁にぶつかるのが 茹で方です。

捏ね・延し・切りが完璧か そこそこでも、
❶茹で時間を間違えたりすと、早いとまだ芯が残ったり、遅いと茹で過ぎたり、
❷茹で方の工程通りにしないと、ぬめりが残ったり・コシの無い蕎麦になります。 

ですから、生蕎麦の茹で方は非常に難しく、正しく職人技の世界です。
どんなに良い蕎麦粉を使って、どんなに上手に打って切り上がっても、茹で方が悪いと素人蕎麦になってしまいますから。

今日打った蕎麦を送る方へお電話した際に、FAXで茹で方のマニュアルを送信しますという話しをさせて頂きましたが、自宅のプリンターが不調の為 この投稿に代えさせて頂きます。


まずは茹で方の準備編。

米粉めんの日本蕎麦街道株式会社のサイト『日本蕎麦街道』に、非常にシンプルで分かり易いので、まずはこちらをご覧ください。

美味しく茹でる ご家庭での茹でかた』というタイトルです。

【用意するもの】も分かり易い。

日本蕎麦街道【用意するもの】



❶茹でかた

日本蕎麦街道❶茹でかた



❷洗い

日本蕎麦街道❷洗い


❸盛り付けと❹蕎麦湯を楽しむ

日本蕎麦街道❸と❹盛り付けと蕎麦湯を楽しむ


本日 日曜日のそば会定例会場 吉川市コミュニティセンター おあしす での、ポイントを画像を更に追加します。


茹でる前の蕎麦の一本一本が切り離された状態です。

一本一本が切り離された状態



パラパラとなるよう沸騰した鍋に入れます。この後は放っておいて下さい。

入れた後は鍋の大きさやコンロの火力にもよりますが、一旦 底に沈んだ蕎麦は約30秒ちょっとで浮き上がってきます。

その後 自然とお湯の中で対流を始めます。

対流がスタートしたら、約45秒前後で素早くざるですくいとって下さい。この間合計2分以内です。

茹で上がりの結果はこうなります。(ご三人様に送ったのと同じのを今日茹でました。)

茹で上がりはこうなります。



今回 送った蕎麦は、ラップに包まれた状態です。

ラップに包まれた状態です。

因みに、三か所とも同じ組み合わせです。

❶左の二つのラップが一緒になっているのは、二八で打ったキタワセ 約二人前ちょいです。
❷右のは同じ素材にパウダー煎茶を加えた 茶蕎麦 一人前半くらいのちょっと多めです。

パウダー煎茶は「江戸屋弘東園」さんから購入させてもらった、新茶の煎茶から出来ています。

パウダー煎茶



尚 同じ鍋で茹でる場合は、
最初に❶の普通のキタワセから茹でて下さい。❷の茶蕎麦からだとお茶の匂いが残りますから。


さて 送った蕎麦の場合は、ラップで包まれているので、一旦切り離された蕎麦どうしがくっついている場合があります。
よって その場合は、お湯に入れる前に優しくほぐして下さい。

ほぐれていればこそ、お湯の中で自然に各々が対流し始めます。


会社の後輩Y部さん宅の蕎麦茹での結果をご覧下さい。(Y部さん すまん!)

20160620Y部の蕎麦

❶蕎麦が切れがちになり、❷端部がダマになっているのもあります。

きっと 上手くほぐれなかったのと、お湯の中でかき混ぜ過ぎたのが原因です。

お湯から出したら、流水でぬめりを取り、最後に別に用意した氷水で締めれば、コシのある蕎麦になるはずです。



因みに本日三か所に発送しましたが、同じような丁度良い発送用の箱が三つありました。

ヤマト便の最小梱包寸法は 縦・横・高さ の合計が60㌢以内。

丁度良い発送用の箱


中身は間違いなく サクランボ参考イラスト ではありませんので、箱詐称と思われるかもしれませんがご勘弁下さい。

Comment

ゆで方

ゆで方

昼教わった通り茹でて、いただきます。お父様方、毎日のお仕事お疲れ様です。

Re: ゆで方

何とか なりましたでしょうか
今夏は雨の少ない猛暑になりそうです。
宮沢賢治ではありませんが、雨風でなく、暑さと汗に負けず頑張ります。
非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ