蒸し暑い梅雨対策❺通勤バッグ編

Category : 通勤族サラリーマンの日常
今朝は日常 通勤用で使うバックをご紹介致します。

私の買い物の基準は堅牢さ。所謂 普段使いで丈夫で長持ち が基準です。


但し 通勤バックだけは、軽さと機能性優先。この時期は2種類を使い分けしています。

ショルダータイプと、バックパックタイプの二つ。

どちらも共通の特長は15.6インチサイズのノートパソコンが二つも入ります。

ショルダータイプと、バックパックタイプの二つ

仕事でセミナーや会議等でパソコンを使う場合、一台だと不安なので、二台持参する事が多いからです。 

バックバックタイプは両手が使えるので非常に便利。

秋津駅前のツバメ❶

バックを背負いつつ 撮影した、西武線秋津駅改札前の今年巣立ったツバメの若鳥です。

秋津駅前のツバメ❷

並んでいると集団登校前の、幼稚園児か小学校低学年生のよう。


しかしこの時期持つのが多いのはショルダータイプです。
バックバックタイプは背負うと背中が蒸して熱くなるからです。

常にパソコンが最低一台は入っていますし、この時期は飲み物が二本くらい入っていますので、まず壊れるのがファスナー部分です。
よって 大体1~2年で買い替えしています。


さて、丈夫で長持ち と言えば、革製と帆布製。


プライベートでは こちらのC社の皮製バックを愛用中です。

C社のバック


冠婚葬祭用には、D社のセカンドバックを20年以上使っています。

D社のセカンドバック

確か40歳前後に購入したので、この頃は会社の部下や後輩の結婚式や、同僚の父母のご葬儀と、年齢的にも冠婚葬祭が多い時代でした。


秋田県の南 山形県米沢市の帆布製バックメーカーの、日乃本帆布さんのを2種類購入しています。

秋から冬にかけては出番予定にしていまして、

帆布 牛やご購入バック

2010年2月に上野松坂屋で購入した帆布製のバックと、


2016年3月に 伊勢丹立川店で購入した帆布製のリュックを併用しようと思っています。

日乃本帆布 NO,50197914498

どちらもデパートで購入はしていますが、兄も同時に出店している東北物産展での買い物ですから、御値段はそれなりです。

バッグの見本市になってしまいますので、ここらでバックの紹介は終わりにしますが、クローゼットの中にはまだまだ色々なバックがあります。

もしかしたら、自分はバック好きなのかと今更ながら思ってしまった、蕎麦打ち親父でありました。

Comment

非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ