スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝の心 失敗編

Category : 感謝の心編
大じょぶだァー饅頭は、数少ない 東村山市の名物の一つです。

だいじょぶだァー饅頭有名人の紹介


若大将の「ゆうゆう散歩(2015年9月に放送終了)」で紹介されました。
「ゆうゆう散歩」は故・地井武男の「ちい散歩」からの引継ぎだったので、年月は早いものです。


さて だいじょぶだァー饅頭は 、1876年創業の 和菓子処 一風柳 餅萬 の看板商品です。

だいじょぶだァー饅頭

お店の店主が志村けんと同級生だった事もあり、このネーミングが許可された経緯との事。

ところで 昨日はLIXILのFCマドリエ会員が全国から一堂に会する 年一回のマドリエ年次大会。
私は確か本部で2004年から6年間運営に携わっていました。

そこで 行き違いによる 事件が発生しましたので、【起承転結】風にご紹介します。


【起】の巻

秋田名産いぶりがっこを頂戴した小野寺トーヨーの小野寺社長が、マドリエ年次大会で広島に行かれる。
弊社の幹部やLIXILさんのSVさんも行き、広島で小野寺社長にお会いする場面がある。

なら 当日ミニサプライズを用意して、感謝の心で小野寺社長に渡してもらおう。

饅頭起

確か女性は三人なので、手帳サイズの五個入りを一袋 用意して、行かれる方に託そうと思い事前根回しを終えました。


【承】の巻

小野寺トーヨーさんと電話で話し、『社員が12~3名であることが判明』
一昨日 全員に行き渡るように、三袋15個分を用意しました。

饅頭床

この程度なら 大丈夫でしょう。


【転】の巻

朝 出社して\(◎o◎)/! 今頃新幹線の車中にあるはずの、饅頭が紙袋ごと私の机の上に。



何で・・・? 理由は画像を見れば分かります。


饅頭転


頼んだのに持っていてもらえなかった怒りや不満はまったくなく、驚きが一番でした。

さっそく アキハルさんに電話したら、翌日は営業日との事で一安心。

別の方法で贈らせてもらいましょう。



【結】の巻

広島から東海道新幹線 経由 秋田新幹線 こまちか、

300px-Shinkansen_N700_z15.jpg Akita_Shinkansenこまち



ANA OR JAL ANA か JALで 小野寺社長のバックに入り運ばれる予定でした。


結果はこちらの方法で。 饅頭結

何とか小野寺さん営業日の 本日2日午後2時過ぎには到着予定です。

小野寺トーヨーさんの女性の皆様へ
人数分よりちょっと多めです。 中の餡子は2種類ですから一個ずつどうぞ。。。



こうなった原因は自責で振り返ると、
❶最初に渡すバトン役の方に、3袋分と伝えていなかった。
❷相手の迷惑を考えていなかった。
❸私のコミュニケーションが悪かった結果です。


東北人と関東人の違いがあるかもしれません。

東北の人間は宅配便が発達していなかった時代から、多くの荷物を持って移動する事に抵抗感がないと思っています。
私自身はそうです。

託した方は関東の方です。
そういう事で、お渡しする方に迷惑を掛けてはいけない。と思ったのでしょう。

饅頭が辿るルートは予定と変更になりましたが、到着するのには間違いありません。

人に頼る際には、気を付けねば。


後日談:アキハルさんからのコメントにあったように、結果的には本日到着し、女性陣の胃袋に入ったようです。
小野寺社長経由で休み明けの4日お店着よりは早い結果となり、それはそれで良しとしましょう。

Comment

ごちそうさまでした。

地方に住んでいる人間にとって、他の地域の情報を知るとしたらテレビが一番手っ取り早く、気軽な媒体です。東村山もあの「志村けん」の出身地だということは有名で「音頭」までありますよね。まさにテレビから知りえた情報です。
おまけに散歩にまで取り上げられたといえば、ご当地では最も有名なお店だとうかがえました。
社長がかえってくるまで待ちます...などといったのですがやはり無理でした(笑)
早速午後の休憩時間にいただきました。
だいじょうぶだァと、だっふんだァ。
年齢層に関係なく、味もネーミングも楽しませていただきました。ありがとうございます。

どう致しまして

左党の私でもなんとか食べられる程よい甘さの饅頭です。
召し上がって頂き何よりです。
最初は殊勝な物言いで待ちます。と仰ってましたが、贈らせてもらった私として早く食べてもらって何よりです。
しかも大抵の男性は秋田の男性は、饅頭よりあちら好きは多いはずですから。

本日の研修で若者達にあの芋ようかんと新茶を振舞いました。
皆さん 美味しいと言って下さいました。

人様に喜んでもらうのが好きな私は、それだけで満足であります。
非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。