スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝の心 旬の物編

Category : 感謝の心編
感謝の心シリーズ を継続させてもらいます。

今朝のお題は 『旬の物編

頂戴した物だったり、ご馳走になったり、私からの贈り物への返礼品だったりです。
このブログに登場した方か、このブログを定期チェックして下さっている方ばかりです。

出所を明かせないのもありますので、そこらへんはご勘弁下さい。


まずは何と言っても お酒 でしょう。

何度もこのブログに登場した、秋田銘醸 爛漫 の営業佐々木様からの 爛漫原酒。

20160604感動の爛漫原酒

一般的な大衆酒イメージの爛漫とは思えない、非常に今風に研ぎ澄まされた秋田県湯沢地区の代表酒になるかと思います。

頂戴したその日の夜には友人夫婦との食事会で、あっという間に空き瓶になりました。

これからは夏用の旬なお酒日本のご紹介。

同じく 爛漫の 吟醸涼冷 は、ある営業さんから頂戴しました。


同じく秋田のとあるご夫婦からは、実家の隣町横手市増田町の かち割りまんさくを。

かち割りまんさく 


結果的に我が家の冷蔵庫には、現在日本酒が四本のパンパン状態。

我が家の冷蔵庫には


因みに左から二本は購入したので、右の二本は頂戴物。

新潟県長岡市 諸橋酒造の 影虎梅酒 我が家の女子用
秋田県横手市 浅舞酒造の 天の戸・純米大吟 45
秋田県湯沢市 秋田銘醸の 爛漫 吟醸涼冷
秋田県横手市 日の丸醸造の 吟醸一度火入れ原酒 かち割りまんさく

景虎 梅酒 天の戸・純米大吟 45   爛漫の 吟醸涼冷   吟醸一度火入れ原酒 かち割りまんさく720



実家と親戚関係からは、大量の姫竹(根曲がり竹)の煮たのや缶詰にしたのを頂戴しました。

全て購入した物ではなく、各ご家庭のご主人様が自ら奥山に入って採り、奥様が皮を剥いて煮た完全手作り品です。

お金には替えられない、汗と真心が詰まった一品です。

我が家以外での朝食で今年一番は、6月5日の実家での兄夫婦や姪の家族との一時でした。

0605朝食兄が採ってくれ義姉が調理してくれた姫筍の天婦羅と煮物

兄が前日に採ってくれ、料理上手の義姉が調理してくれた、姫筍の天婦羅と煮物にワラビの朝ご飯は本当に美味しかった。
それを家族・親戚が一緒に食べる。核家族の現在ではなかなか味わえない懐かしい場面です。


とある方からは今が旬の狭山茶の新茶と川越いもを使った羊羹を頂戴しました。

「江戸屋弘東園」お茶と羊羹


それが一昨日投稿の 江戸屋弘東園さん を知り、自らお店訪問のキッカケになりました。

そして私なりに多少なりとも購入して、秋田の実家ととあるご夫婦に発送しました。

川越に住む元上司のM元副社長や、日頃お世話になっている先生へも謹呈致しました。 

尚 我が家が頂戴したのは、もったいなくてまだ一部しか胃袋に入っておりません。

予定では会社の若者達への研修の休憩時に振舞おうと思っています。 




新入社員時代からお世話になっている、38年来の大先輩には今回も大変お世話になりました。

店名は 小料理 某先輩宅 とさせて頂きます。

肴は旬の胡瓜にタコの酢の物。

某先輩宅にて


お酒は大吟醸 播州 銀盤。 そしてこちらも。

播州 銀盤を頂戴しました 播州 銀盤 某先輩よりの吉助白

大先輩ご夫婦様のお気遣いに感謝し、ココちゃんの見事な躾ぶりを拝見して、我が家はまだまだと思いました。

ご心配をお掛けしましたが、昨夜 日付が変わらないうちに、無事 自宅到着しましたので、報告を兼ね重ね重ね御礼申し上げます。


そして旬の中でも高級品の 山形県産佐藤錦 が到着しておりました。(家内の友人より)

山形県産 佐藤錦


最後の二つの 小料理 某先輩宅での馳走 と 家内の友人からの佐藤錦は頂戴したばかりです。

皆様には私なりに既にきちんと返礼をさせて頂きました。


某先輩宅には 阿部ちゃんお土産恒例の 蕎麦汁付き 手打ち蕎麦を早めに謹呈したいと思います。



気は心』と申しますが、美味しい物はお値段がそれなりにします。

実際には送料を含めると、最低でも二千円から五千円近い庶民には高価なお値段となります。

感謝申し上げます。本当に深謝です。

お値段は別においといて、『あの人には、懐かしいこの山菜・このお酒・このお茶・この果物』との思いで、一番旬の物を贈って下さったはずです。

感謝の心 で、六月最後の締め投稿とさせてもらいました。

皆様本当に有難う御座いました。

『お仲間の 思い伝わる 旬を知る』


最後に。 

今朝の投稿は未来ある若者達へのメッセージも含んでいます。

どんな会社でも、縁あって入社した人材である若者を、こんな人財に育てようとしています。

❶仕事に対して情熱的かつ真摯に取り組み、常に向上心を持ち続ける
❷協力者への感謝の心・気持ちを常に持ち、『お早う御座います。』・『有難う御座います』の言葉を素直に元気に言える。
素直な気持ちでアドバイスを受け入れ、自分なりに直ぐに実行する。
❹決められた事は納期前に素早く済ませ、常に時間的余裕を持って自らの仕事を計画的にこなす
 →そうすれば、急なお客様からの依頼や、自らのミスや関係者のミスにも対応出来る。

人間的・人格的部分では、
❶決して他責にせず 物事を自責で考える習慣を身に付ける。人間としての成長の始まり。
❷『天に唾を吐かない。』 人間としての王道を生きる。
❸『身の丈』を知り行動する。 運転技術だったり、自分の商品知識や営業力だったり。

私の38年間の社会人経験や感謝の心を通して、伝えられればと思っております。

私の資料作成や研修時の基本としている、漫画家 矢口高雄氏の言葉。

釣りキチ三平

『自分が読んで楽しいか? 子供達が読んで楽しいか?』の心を教えたいと思います。

このブログに 仕事に対する私なりの取り組み方(阿部流仕事術) を、投稿してしまいました。

Comment

非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。