スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠~い親戚より?いぶりがっこ

Category : 秋田・東北
『いぶりがっこをアレンジしてみました。』

このブログに定期的にアクセスして下さる方のほとんどの皆さんがご存知のように、私は元LIXIL社の社員でした。

現在はLIXIL社の販売協働パートナーであるFCの、東村山市の マドリエ(元TFC) に勤務しております。

サッシ業界の人なら誰でも知っている日本最大の業界FCで、加盟店は全国に300社以上あります。

秋田県湯沢市の実家に帰省した際に必ずお寄りするのは、湯沢市の隣町 
秋田県横手市の 小野寺トーヨー住器㈱様 で、同じマドリエ仲間です。


①秋田県横手市小野寺トーヨーさんHP


小野寺FCさんの社員であるアキハルさんは、私から言うと 妹分のような存在で 色々と頼み事をお願いする関係です。

今週末の日曜日には、湯沢市稲川地区の実家へ届け物をしてもらいます。


そして 互いのブログにコメントしあったり、時には私が故郷秋田の記事の際には、アキハルさん撮影の画像を借用させてもらっております。

で 小野寺 という苗字は、私の父方の祖母(物心付いた幼少時にはとっくに亡くなっています。)が 同じ小野寺姓で、今でも小野寺姓の親戚(従姉)とは交流しております。

亡き母の実家は 椋性。

又 室 という苗字の親戚も 横手市の十文字地区におり、  の字を使う苗字の方とは遠からず縁があります。

ですから 小野寺さんとは 遠~い遠~い親戚のような気がしています。


その小野寺FCさんに今月4日の朝にお寄りした際に、社長の奥様から頂戴したのは県南地区の名産品 『いぶりがっこ』。

①小野寺FCさんからのいぶりがっこ

秋田県のソウルフードである『いぶりがっこ』は冬のお茶うけだけでなく、親父連中の晩酌のお供であります。


早速 勤務先の会社にお土産として持参し、いつもお願いしている経理のK町さんに切ってもらいました。

①いぶりがっこですが量が少ない

何か持参したのよりは少ない。。。?


青森県のコムラのなんばんみそ は、お手軽な200円商品です。

こちらも別に私が持参しました。

①青森県のコムラのなんばんみそ


生のきゅうりと茹で卵も一緒です。

①生のきゅうりと茹で卵も一緒です。


K町さんにお願いして細かく賽の目に刻んでもらい、そして コムラのなんばんみそ を投入。

20160616いぶりがっこと胡瓜に茹で卵を加ええ刻み



味噌の味が強すぎないよう、かつライトで滑らかな味にしたかったので、低カロリータイプのマヨネーズもちょっと投入して出来上がったのはこちら。

①20160616アベアレンジの和え物

阿部アレンジの いぶりがっこ入りの和風タルタルソース ご飯のお供バージョン です。
(生野菜や揚げ物のソースにもなりますが、実は日本酒の肴イメージでもあります。)

料理自慢である 上司のJ務長からも褒められました。


残った多少の いぶりがっこ と コムラのなんばんみそ を、K町さんが自宅に持ち帰ってもらい、早速 同じレシピで作ったら やはり美味しかったとの事。

何より何よりでした。メイン食材をベースにして、何と何を加え、どんな調味料を使えば、どういう味と見た目になるのか、そして食感がどうなるのか、だいたい想像出来ます。


それはきっと 私の食育体験に大いに影響されています。

まずは小学校低学年の頃から、鰹節削りをお手伝いをしておりました。

当時は一般的だった本物の鰹節と煮干しを使った料理は、煮物・和え物・炒め物・味噌汁に加わり、ほぼ毎日味わっていたことになります。


両親が自営の共稼ぎ家庭で育ち、小三~小四の頃からフライパンで小麦粉・重曹に多少の塩と砂糖を入れて、今で言うホットケーキのようなのを作っていました。

大学時代の最後の2年間はアパート住まいだったので、朝夕の80%は自炊でした。
得意料理は手ごろな野菜炒めとカレーでしたけど。


食材の色味も拘るタイプかもしれません。

何せ漆器屋さんの次男坊で、食事の時だけでなく、朝から晩まで漆器がそこら中にゴロゴロありましたから。

そうなると 自然に 黒内朱のお椀には、何が映えるか、きっと白身系の魚や豆腐の和え物など コントラストな組み合わせがベスト。

器の色も考えると、自分なりに料理の幅が広がります。

長兄が都内神田での秋田県産商品のイベントで、漆器を販売している2年前の画像ですが、これだけの色彩があります。

川連漆器の販売員として出張してきた、阿部始漆器店の兄で御座います。


無垢の欅のお椀(漆はもともと乾燥すると透明。日本画と同じで顔料を混ぜて色彩を出します。)

川連漆器 欅汁椀

こういう器には濃い目の色の食材がいいかと。


苗字の話しに戻りますが 小 のつく苗字の方は、実はもっと知り合いがおりますが、個人情報の関係でシークレット。

小 のつく苗字の皆さん、阿部を見掛けたら お声掛けして下さい。

その内 何かプレゼントを謹呈するかもしれませんよ。


今朝の話しはマドリエ仲間と苗字から いぶりがっこ・私の料理体験・漆器の色彩感・色々と飛びましたが、全部に共通するのが秋田での体験や生い立ち・親戚がベースです。


ご縁で結ばれたと思い込んでいる私は、小野寺FCさんのリンクを今朝より貼らせてもらいます。

リンク名はちょっと長めで、『秋田県南地区のLIXIL商品は小野寺トーヨーへ』にしました。

小野寺社長様 これでどうでしょうか? ご不満でしたら、ご一報頂ければ、即修正致します。


Comment

非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。