L社でご縁のあったお仲間に電話

Category : 市井の人
今朝と明朝は、L社での35年間のサラリーマン生活の振り返りです。


私が2012年10月まで在籍していたL社で、私同様L社を退職した先輩・同期・後輩だった4人に、色々な用事があって電話しました。

4人中3人とはこのビルで同時期に仕事をしたお仲間であります。

250px-Tostem_office.jpg



まず一人目は気さくで性格良し。しかも機転が利いて頭も優秀だったスタッフのKさん。
知り合ったのは15年ほど前で、私が統轄支店スタッフで彼女が支店スタッフの時代です。

私の家内と同年生まれで、周りからは面倒見の良さもあってK姉さんと呼ばれていました。しかも美人で器量良し?

そんな誰からも好かれるKさんが丁度二ヶ月前の3月25日に退職したと後日聞きましたので、仲の良かった計4人で集まる事になりました。

その日程調整の為の電話では、本人は退職してさっぱりとした様子。

35年間務めた会社を定年5年前に退職したのはそれなりの理由があったかと思います。

6月に会った際に理由を聞きつつ、35年間の労をねぎらおうと思っています。



次の二人目は上記Kさんとも仲良く、計4人のうちの一人 同期のI君です。

営業職を20年弱ほど経験してから、裏方の総務の仕事を20年以上続け、この度L社の関連会社ながら年商1千億円以上企業の取締役になり役員に名を連ねたんです。

入社した日の研修宿泊ホテルの部屋からずっと一緒でした。
私学の雄であるW大卒の経歴で、ある意味エリートに近い存在でしたが、本人は至って気さくで鼻にかけたところはありません。

2003年に私とI君が同時受賞した営業本部特別功労賞の副賞の9日間アメリカ研修旅行では、互いが団長・副団長として引率しました。

戦友・親友であるI君の今回の役員昇格の件は、自分の事のように嬉しく思っています。



お次の三目は、親分肌で人情味溢れる年齢は5年先輩のNさん。
前述のI君と私と同時期に統轄支店のスタッフ長として、色々教えて頂いた先輩です。

私が1978年に松本店に新人として赴任した際に、休憩時間にお店の中で同期の方と相撲をとっていたのが、強烈な印象でした。。

後で飯田店の店長とお聞きし、またびっくり。

入社以来のご縁で約40年近くになり、このブログを定期的にチェックして下さっている奇特な先輩であります。

この先輩は確か高卒入社だと思いますが 汗と努力の方で、当時の潮田健次郎社長の経営持論である正しく『熱意力投タイプ』。

L社で店長・支店長を経験後に、本社部長職やある地域の統轄支店長職を歴任されました。
最後はL社関連会社の社長職を5年以上勤めあげ、65歳になった昨年に目出度くL社関連会社を勇退されました。

現職の私の会社も、N先輩のご縁で営業面でお世話になっております。

我が家のPANと同じキャバリアを飼い、しかも毛色は同じトライカラーとの事。

来月になったら、ご自宅にお伺いするお約束をさせてもらいました。



最後の四人目は私より入社が一年先輩のYさん。

現在は立川市で数十人規模の社長職をされております。
この方も私が20代からの知り合いで、妙に馬が合い面倒見の良い方でありました。

お電話を差し上げたのは、同期のT君から『Y先輩が私が現職の仕事で立川に近い東村山市に勤務し、懐かしいので私に会いたがっている。』という事からです。

その日は運悪く夕方早めに退社した後でしたので翌朝電話しました。


こうして私が3年半前にL社を退職してからも、数十年前からの知り合いとは縁が続いております。

最初に紹介したKさんを除き、3人とも企業規模の大小こそあれ、役員・社長・元社長であります。
きっと色々な経験と努力の賜物があってこその、到達した着地点だとも思います。

皆さまとは来月から再来月に掛けてお会いします。
到達したまでの苦労話しをお聞きしたいと思いますので、その際は宜しくお願いします。


こうしてご縁が続く事に有難いと感謝しつつ、これからのサラリーマン生活で、私の経験を少しでもL社や現職の後輩に伝えたいと思っております。


PS。L社で在籍中30代前半でお知り合いになり、44歳から退職の日までの14年間 上司と部下の関係や後輩として仕事をご一緒にさせてもらったMさんとも約30年のご縁があります。

この方はL社本体で高卒入社ながら副社長まで出世され、最後は65歳で相談役となり 数年前にご勇退されました。

Mさんは現会社の入社するご縁のキッカケを作って頂いた恩人でもあります。

定年後も勤務出来る事に感謝し、そのお礼と近況報告を兼ねお会いしないといけません。

Comment

非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ