スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生は色々 出会いとお別れ編

Category : 市井の人
22日の日曜日は蕎麦関係とご近所さんで色々な事があり、私にとって思い出深い日になりました。


まずは 朝の PANとの散歩。

銀杏通りを超え さくら通りに行くと、お若いご夫婦が何やら木の枝を切っておりました。

前から気になっていたお手入れの行き届いたお庭と植栽のあるお宅です。

前を通ろうとしたら、ご主人から『お早うございます。』と一声。

20160522オリーブの木


お聞きするとオリーブの木を間引いておられるそうです。
雌雄一対という言葉の通り、相棒さんが近くにないと実がならないそうです。

おそらく30代後半か40代のご夫婦でした。
撮影中 奥様がPANのリードを持って下さり、PANも撫でられてご満悦。

このお宅は9年頃前に新築され、お二人が生活されているのを知っていましたが、初めての会話でかなりの知り合いになれました。

今後はお見かけしたら、オリーブの様子をお聞きしたいと思っております。
因みに我が家がリフォームをお願いしているI設計さんの方か、もしくはご親戚かもしれません。


お次は 残念ながら一年半前にお亡くなりになった T橋様のお家を 9時前にピンポンしました。

私が撮影した生前のT橋さんの画像から奥様に思い出の二枚を謹呈致しました。


2013年1月の蕎麦会新年会での、高橋さんの乾杯の発声前の様子です。

長老 高橋さんの乾杯でスタートしました


振り返ると、 高橋さんが病気から復活されて打った蕎麦に感激した記憶が強くあります。

久し振りの高橋さん蕎麦に感激


又 私の実家から山形県庄内産の 山菜ミズを使った料理 等 多くのお土産を蕎麦会に持ってきて下さいました。

高橋さんの庄内産ミズを使った煮物

そんな事で玄関先で写真二枚をお渡しするだけの為にお伺いしたのに、

奥様が『是非 仏間に上がって 拝んで下さい。』との事。

私が亡きT橋様の元気な頃の写真を持参したので、写真と一緒に供養して欲しかったようでした。

私も奥様の気持ちを直ぐに察し、ご遺影の前で心より手を合わせました。


このT橋様は私とほぼ同時期に蕎麦打ちを始めた同期で、年齢は私より17歳ほど上で年長者でした。

病に倒れましたが病魔と戦い、何度か復帰されていました。
残念ながら 一昨年の10月26日だったかと思いますが、帰らぬ人となりました。
温厚で喜怒哀楽の変化の差がない紳士でありました。

私の実家からT橋さんの実家まで2時間弱と近い(鳥海山を挟んで北と南)事もあり、年齢差を感じない妙な親近感がありました。

確か10月26日がご命日だったと思います。

故人を忍び、T橋様のご迷惑にならないよう、その前後の日にお線香を上げにお伺いしようと思っています。


最後にここ5年ほどご夫婦で仲良く研修生として通ってこられたご高齢のFご夫妻。

ご主人は膝の具合が悪化したので 奥様お一人で見えられ、朝礼の最後にご挨拶されました。

ご夫婦共に足腰に膝が弱り、毎回 楽しみに参加していましたが、蕎麦打ちはこれ以上無理との判断の由。

残念ながら、研修生を最後にさせてもらうとのご挨拶でした。 皆 静かに聞き入らせてもらいました。

お別れなんですが、笑顔で別れを告げる。
その域に達した年齢の方の含蓄のあるお言葉。


美空ひばりさんの唄の愛燦燦(小椋 佳 作詞/作曲)の歌詞に、

人生て うれしいものですね。』という寂の部分がありました。

日々の生活や周りの方に感謝し、最後の その時がくるまで人生を謳歌し精一杯生きる。

そんな事をヒシヒシと感じた日曜日でありました。

初めて会話した方との出会い、亡くなったご遺族の方、そして数年一緒に蕎麦を打ってきた方とのお別れ。

正しく 人生は色々であります。

私の年齢になると色々な出会いや別れがあります。

こういう事を振り返り、又 次の世代につながるよう 関係した方に誠意をもって尽くす。
そんな事を強く感じるようになってきました。

最後にこの投稿をプリントし、T橋さんへの鎮魂歌のような気持ちで、奥様へ謹呈したいと思っています。

Comment

非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。