イングリッシュラベンダーに再挑戦

Category : 市井の人
今週の日曜日の我が家の狭い前庭0.5坪。

去年まではイングリッシュラベンダーがこうして咲いておりました。

201406のラベンダー


しかし 10年の寿命なのか枯れてしまい、四月頃はこの状態でした。

20160424約4週間前の前庭


元ラベンダーがあった場所には芝桜を植え、その奥には家内が間違って買った別の品種のラベンダーです。


思い切って植え替えしました。

20160515に新しい苗はラベンダー色


イングリッシュラベンダーを再購入したんです。

ミニ写真館で三枚ほど どうぞ。

20160515ラベンダー①

20160515ラベンダー②

20160515ラベンダー③

まだ幼い咲き方ですが、イングリッシュラベンダー特有の形でほのかな香りもあります。 


全体的には、こういう形に変化しました。
芝桜はシーズンを終え、新しいラベンダーが小さいながら主役に変わりました。

20160515の前庭


前に買ったラベンダーは当然捨てておりません。 プランターに植え替えです。

来シーズンには、四月に芝桜~五月と六月にはラベンダーと春先から初夏にかけて楽しめる予定です。


前庭左隣のエアコン室外機の上のイチゴ君も頑張ってくれています。

形はいびつで、色は美味しそうでありませんが、PAN用デザートにはなります。

PAN用デザート

木曜日に撮影したイチゴ君ですので、今日明日にはPANのご馳走になります。


尚 前庭右端の花柚子も満開になり、散りはじめました。

20160515花柚子満開


目立たない小さな花ですが、これから沢山の柚子が実る予定です。

20160515花柚子満開には蜜蜂


よくよく見ると蜜蜂君が活躍中です。
我が家の柚子の受粉を助けてくれる代わりに、蜜蜂君は小さな花から蜜を一生懸命に採取中。


少しでも自然と生き物のお役に立ち、生き物と共存できる事が 何よりと思っている小市民の私です。

Comment

おはようございます。

玄関先の手入れされた花壇は、散歩の途中でも目を引き癒されるものです。
きっと蕎麦打ちさんのお宅のラベンダーも、視覚と臭覚で回りの方々を楽しませていることでしょう。それに比べ我が家の雑草だらけの庭を思い出し深く反省です。
先日の駅の話題の記事を拝見して、思い出したのが有川浩さんの小説「阪急電車」。映画も見ました。蕎麦打ちさんの趣味の範囲には入らないかもと思いましたが...(笑)
電車と人間ウォッチの好きな私には何度も読みかえす愛読書のひとつです。

Re: お晩です。

私と家内の数少ない?共通点はラベンダー好きです。
色味・華やかさ・香り 玄関先の看板花に、10年もの間なってくれていました。
たった数百円の苗から育てたのが、あれよあれよと言う間に思い出深い花になってくれました。

北海道真琴町の旬の芝桜と同じくらいの位置付けで、いつか 富良野美瑛のラベンダーを撮影したいと思っております。

有川浩さんの小説「阪急電車」ですか("^ω^)・・・?

初めて知りました

ネット検索して大体のあらすじが分かりました。いつかお好みポイントを教えて下さい。

『電車好き』は知っていましたが、『人間ウォッチ 好き』は初めて知りました。

かくいう私も決して嫌いではありません。私の場合はそれより、人好きだと思っています。(笑)

お仲間がほぼどうですから。。。
非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ