スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜なべ みの家

Category : 美味しいお店・食べ物
みの家head01
みの家 photo


チープなもつ煮関係が三日間続きましたので、今朝はやや高級でお江戸雰囲気が味わえるお店を紹介します。


桜なべ みの家 本店 は、都内で有数な さくら肉 のお店で、かつて私が在籍していたL社と同じ江東区にあります。


さくら鍋 と 

みの家 さくら鍋



馬刺し が名物です。

みの家 menu_photo03肉さし(馬肉刺身)




かれこれ30年前から10年前までの20年間、行っていたお店であります。
勤務先のあった 都営新宿線住吉駅からたったの二駅で、車でも
確か この10年弱は行っていませんので、画像はお店からととある企業さんのから借用しました。


とある飲料系メーカーのPRサイト  と思われる。  

馬肉好きな方にはオススメ!東京都内で桜鍋を楽しめるお店4選 では、


ニッポン馬肉道場 馬喰ろう 恵比寿
桜なべ中江 台東区
桜なべ みの家 本店 (みのや)
馬かばい! 千代田区                   と、なっていました。


みの家 本店 にfは大きな特徴があります。

建物は私より年上の昭和29年のまま、62年間残っています。
まず 入り口で驚くのは下足番のオジサン。 こういうお店はなかなかありません。
座敷は全て畳で、男性は胡坐、女性は正座か膝を崩してすわります。
酔客はいますが、酔っ払いはいません。 作法を心得た大人のお店です。
ですから着物姿や落語家さん・講談師さんもお見受けしました。
客層は家族連れや若者はほとんどおらず、最低年齢は30代以上で 平均では40~50代ではないでしょうか?
銅製と思われる屋号がはいった鍋 に代表される、独特の店内の什器や小物。
あっさり、さっぱりの、さくら肉は脂身系が苦手な私には最高の美味でした。


こんな事が、約20年間 年に数回は行っていた理由でした。

バブリーだった30代。
管理職になって、やや余裕のあった40代。
年下の女性の個人的な送別会では、女性が寄ることが滅多にないので、お連れした50代過ぎ。
外飲みが激減し、かつちょっとお高めなので、いつの間にか足が遠のいたこの10年弱。


数軒 お隣の 東京三大煮込み の一店 森下の「山利喜」 も含め、いつか寄ってみたいと思います。

Comment

非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。