スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回の常磐道~三陸道~お買い物 鮮魚・野菜編

Category : 秋田・東北
今回のドライブの目的は、基本的に東日本大震災の被災地で、買い物をする事でし。
多少なりとも地元の商品を購入することで、漁業・農業・商業の生産者・作り手の皆さんへの応援もあります。

本日登場の食材やお土産は、実際に全て私が購入した物です。


茨城県最後の中郷SAからがお買い物スタート。

0602①中郷SA


茨城県と言えば水戸納豆で決まりでしょう。

0602茨城県と言えば水戸納豆

納豆処の秋田県湯沢市の友人も、『水戸の納豆を食べてみたい。』と言っていましたから。


お次は福島県に入り、南相馬鹿島SAは青空と雲のコントラストが綺麗でした。

0602②南相馬鹿島SA


看板が目を引く南相馬商店入口です。

0602南相馬鹿島SA 南相馬商店入口


福島産野菜コーナーで野菜を中心に購入させてもらいました。

0602南相馬鹿島SA福島産野菜コーナー


大蒜・スナップエンドウ・玉ねぎ・アスパラ 等を購入。

0602南相馬鹿島SA大蒜・スナップエンドウ・玉ねぎ・アスパラ


ズッキーニ も外せません。

0602南相馬鹿島SAズッキーニ


この野菜を調理するのに必要なのは牛乳。 

福島県南相馬市の松永牛乳のパックを三個購入。

0602南相馬鹿島SAまつなが牛乳

松永牛乳㈱さんのHP からは、今も放射能問題と戦っている様子です。

私は年齢的にも気にしません。


仙台 利久はもう全国的に有名になりました。

0602南相馬鹿島SA仙台利久のコーナーです


亘理町のぶどう液は果汁20%入りで、実家か同級生女子へのお土産にしましょう。

0602南相馬鹿島SA亘理町のぶどう液


まいたけおこわ は、私のランチになりました。

0602南相馬鹿島SAまいたけおこわ

合計で4,000円ほど、お野菜中心のお買い物になりました。



被災地 南三陸町 志津川生鮮ロイヤルフィッシュ さんでは、お決まりの魚類。

0602⑪南三陸志津川生鮮ロイヤルフィッシュ❸


おすすめ品のホタテの大きさと御値段にビックリ。何と580円。

0602おすすめ品のホタテの大きさと御値段にビックリ

鮮さばはたったの300円。

0602鮮さばはたったの300円

締め鯖に調理する方法を聞いて、三枚におろしてもらいました。


南三陸町 名物のたこは外せません。

0602名物のたこは外せません


一本千円前後のお値段ですが、味と身の締まり具合は お刺身に抜群でした。


むきホヤは、日持ちがするそうなので秋田へのお土産。

0602むきほやは、日持ちがするそうなので秋田へのお土産


袋入りのからホヤは6~8個入って、驚愕の200円でした。

0602袋入りのからホヤは6~8個入って、驚愕の200円でした


当日の夜 弟宅で早速 ご馳走になりました。


マコガレイは100㌘円で一匹300円弱とお安く、こちらはお刺身用。

0602マコガレイ


こちらもお刺身用にしてもらいました。こりこり感が抜群でした。

総額で3,000円(税別)の買い物でしたが、何とも対応と笑顔が素晴らしい。

『翌々日に到着する秋田までのお土産です。』と話すと、鮮度の良いホヤを出してくれたり、おろすのも素早く丁寧な仕事でした。

悲しみや困難を感じさせない、本当に明るいご夫婦とスタッフさんでした。

南三陸志津川生鮮ロイヤルフィッシュさんの皆様、機会があれば 又 無料の笑顔付きで購入させてもらいます。



気仙沼市に入り、気仙沼海の市の 阿部長商店 さんの女将さんと思える女性には、非常に親切にしてもらいました。

0602⑯2気仙沼阿部長商店


めばるはたったの200円。

0602阿部長商店のめばるは200円

たった200円なのに、丁寧に三枚におろしてもらいました。


かわはぎは美味しかったですよ。

0602阿部長商店のカワハギ

購入したのはこちらの大きなのではなく、5~6枚入って値引きもありたった200円のでしたけど。


わらさは欲しかったのですが、弟夫婦宅では食べきれないので断念。

0602阿部長商店のわらさは美味しそうでした。


阿部長商店 は全国発送もしているようです。

0602阿部長商店 は全国発送もしているようです。


女将さんにはたった計400円のお客でしたが、非常に親切にしてもらいました。

お店や地域のパンフレットを頂戴し、また全国発送の旬な戻り鰹の時期等を教えてもらいました。

いつの日にかと思っております。

親切な福島県・宮城県の皆様 有難う御座いました。

まだまだ東北を忘れていけないと思います。

Comment

非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。