お出掛けⅠ 白黒写真館編

Category : 市井の人
昨日は家族全員が朝から用事が無い一日でしたので、GWなので揃ってお出掛けしようということになりました。
前日 夜からの強風と雨も収まり、9時前には出発です。

行先の候補は三か所、那珂湊or成田or横浜が選択肢でした。

決定したのは成田山です。(理由は明日に)

成田山d1_logo


昔は成田山に車で行くのは、二つのルートのどちらかでした。

①首都高~千葉 東関道の高速コース。 か ②吉川~野田~安孫子~成田の一般道コース。

今回は北関東道が開通しているので、③常磐道 三郷IC~牛久JC 北関東道 ~大栄JC 東関道~成田ICの初めてのコースを選択。
一般道は計15分ほどしか使わないルートでしたので、今までで一番早い1時間コースでしたね。


本日はGW中日とはいえ 各地で人が大勢いましたので、個人情報がありますので この回はあえて 白黒バージョン画像となります。


台風一過のような晴天に恵まれたドライブで、途中 守谷SAで休憩しました。

成田白黒写真館0守谷SAで休憩



成田に到着したら、参道は京成成田駅方面からの参拝客は大勢。

成田白黒写真館1


歴史ある看板は風情があります。

成田白黒写真館2A


宮﨑 駿監督の映画に出てきそうな、大正レトロの建物は今も健在。

成田白黒写真館2B


成田山参道に着きました。

成田白黒写真館3A


急な階段を手すりを使って昇り、

成田白黒写真館3B


途中で豪商の寄進を見て、

成田白黒写真館4


成田白黒写真館4B

どちらも老舗として今も残り、かつ 兄の経営する 阿部始漆器店が 過去 出店させてもらったお店です。


10分ほどで 大本堂に到着しました。

成田白黒写真館5


参拝し、奉納帳に記帳して無事参拝を終えました。


参拝帰りも同じコースを選択しました。

成田白黒写真館5


最後に伽藍の色彩が鮮明だった三重の塔をカラーバージョンにて撮影。
(1712年 正徳2年に建立された重要文化財だそうですが、おそらく修復されています。)

成田白黒写真館6カラー編

おそらく15年ぶりかの参拝だったかと思います。
父母や親戚への供養を心の中でして、家内万全と健康を祈ってきました。

関東近県に信者が多く、かつ歌舞伎の成田屋の屋号の発祥の成田山は浅草に近い人込みでした。

そして 脈々と続いている参道の老舗には、時代の変化に合わせて生き残ってきた理由があるはずです。

銀座でも築地でも、兄の経営する漆器店に共通する事。

時代の消費者ニーズに合わせる。』 『商売の基本、CS(顧客満足)だと思います。

そんな 成田山の白黒写真館の感想でありました。

この後に向かった先は、明日以降続けます。


20:00追加投稿

私の2016年GW5日間は本日で終わります。 

振り返ると

1日:お出掛け 新潟へ日帰り玄米引き取りにお酒購入。&甥と姪の為の伯父としてのお勤め。
2日:横庭の補修用芝生購入。&自主的お仕事。
3日:芝生の植え替え。&多少の読書。
4日:お出掛け 成田山~阿見アウトレット。
5日:1日と4日の汚れ落としの洗車とプランターへの種植え。&自主的お仕事。

一日もじっとしておりませんでした。

多分 数年なのか後20年なのか分かりませんが、私が自ら動けるうちはこんな連休が続くと思います。
自分の性分は変えれませんし、身の丈の中での行動です。

だから 市井の人 なんです。

Comment

非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ