スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世代交代

Category : 市井の人
我が家のたった半坪足らずの前庭には、開花順に 沈丁花⇒芝桜⇒ラベンダー⇒花柚子を植えています。
2月から6月の春先から初夏にかけての、我が家の玄関先を彩りよくさせてくれます。

家庭での掃除の役割分担は主に室内は家内で、外回りは私の担当になっています。
前庭の手入れは当然私でして、休日の良いリフレッシュタイムにもなっています。


まずは沈丁花で、平沼に引っ越しした2004年か翌年にお隣さんから頂戴しました。

201406沈丁花①


白い花の香りが独特で、嫌いではありませんでした。

201503自宅沈丁花

昨年3月に撮影したものです。


芝桜は何度も登場してもらっています。

201404PANと自宅芝桜


お次はラベンダーです。

201404PANと自宅ラベンダー

201406ラベンダー①

2014ラベンダー②

2014ラベンダー③

満開の時期にはラベンダー特有の香りが漂い、掃除をしながらヒーリング効果があると思っていました。


そして 2011年1月に家内が購入してきた実付きの花ゆずです。

2011年1月に家内が購入してきた実付きの花ゆず


今シーズンは大きな変化がありました。

まずは沈丁花が雨風と自重に負け、根元から折れて枯れてしまったんです。


ラベンダーは、ついに10年の寿命を終えました。


家内が 二つあった場所用に、追加したピンクの芝桜とラベンダーを購入してきました。
世代交代となり、昨日の時点ではこういう様子になっています。

20140424の前庭

後でわかったのですが、枯れたラベンダーはイングリッシュラベンダーという種類で、購入したのとは種類が違ったようです。
まぁ 自然に任せるとしましょう。


購入時にたった30㌢ほどだった花ゆずは、年々成長し現在は私の身長以上になりました。
真ん中の三本は2004年に家を購入した際、一番最初に植えた記念のキンメツゲです。
キンメツゲも葉先に淡い緑色の若芽が芽生え始めました。


例年 花木が育ってくると毎年のゲストが飛んできます。(2014年6月撮影)

201406花柚子


昨年暖かかった初冬に季節外れの開花した花が今冬ゆずに成長し、この時期でも何とか残っています。

201604花ゆずに去年開花したゆず


そして 今年は将来柚子になる候補の蕾が、100個以上も膨らんできました。

20160424花の蕾が100個所以上になりました


今年も こうなると恒例のゲストが、早朝からいち早く登場してきました。
柑橘系の若芽に卵を産み、卵から孵化した幼虫(柚子坊君)が若い葉を食べて成長します。

201604花ゆずに❶

201604花ゆずに❷

飛んだあたりには、もう卵を産み始めていました。


慌てて柚子の根元に肥料を与えました。
蕾が実になって何個生るか分からい柚子と、柚子の葉を栄養剤にする柚子坊の為にです。

狭い庭にたったの一本ですが、自宅に生り物があると日々の成長の様子を見て、水を与えたり、肥料を追加したり、日の当たりを気にしたりと、手入れをする事が多々あります。
そんな普通のことが、市井の人(庶民)らしいと思っております。

又 前庭周りのプランターの花も冬~春のシーズンを終え枯れてきました。
植え替えしないといけません。

今週は29日は出勤日で30日(土)も第五なので出勤ですが、その分翌週の2日が休みとなりますから、GWは5日間の連休となります。

前庭とプランターの管理に芝生の補修があり、車も洗車しないといけません。
GW中には屋外担当として、何かしらの作業をしております。

Comment

非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。