日本酒の総本山へ

Category : お酒紹介の部
一ケ月前の5月1日投稿 新橋 魚金 ゆりかもめ店 の前に、前哨戦で寄ったのはこちらです。


前職時代の仕事仲間であるWさんとの待ち合わせ場所は、日本の酒情報館『SAKE PLAZA』 でした。

日本酒造会館 外観
HPから借用。


虎ノ門・霞ケ関・内幸町に挟まれた、西新橋の日本酒造会館の一階にあります。

Wさんの事務所はこちらの上の階にある、日本酒好きにはたまらない場所なんです。


SAKE TASTING 試飲セットの看板は魅力的でありました。

日本酒造会館SAKE TASTINGの看板


ワンコイン 税込540円の試飲セットお願いしました。

日本酒造会館 試飲セット540円


左下から時計周りに、

新潟 妙高 千代の光酒造 縄文の響 ⇒ 三重 桑名 後藤酒造場 青雲 ⇒ 新潟 妙高 千代の光酒造 越淡麗 ⇒ 石川 能登町 松波酒造 つづらの波 ⇒ 東京 東村山 豊島酒造 吟の舞 金婚 東京サミット晩餐会乾杯酒 の順でした。

ほとんどが720mlで2,000円以上の純米吟醸ですから、滅多に無い機会で違いが分かる勉強になりました。
このクラスは各々の個性が際立ち、好き好きとどの料理に合うかで選択肢は絞られると思います。


新潟系や

日本酒造会館 試飲メニュー新潟系


仕事場所の東村山市豊島酒造の東京のお酒もあります。

日本酒造会館試飲メニュー東京のお酒


秋田・岩手・新潟・長野のパンフレットを頂戴してきました。

日本酒造会館でパンフレット


4県には年内に行く計画があり、事前情報収集になりますから。
(新潟には5月1日にヒラセ酒店に寄って、こちらを購入してきました。)

201605015月1日にヒラセ酒店に寄って、こちらを購入


このブログでの私の買い物の50%以上は、日本酒かもしれませんね。

残りは肴系や田舎の食べ物で、日常的な服やバック等を除いたら ほぼ全て用に関連しています。


さて 国内で日本酒の需要が低下し続けている一方、売れているお酒もあります。

「クールジャパン」の象徴と持て囃される 山口県旭酒造 の日本酒 獺祭 や、秋田県の日本酒を製造する酒蔵の蔵元の有志会「NEXT5(ネクストファイブ)」メンバーである 新政酒造 のは№6です。

どちらも飲食店にほとんど出荷され、普通の酒屋さんには置いていません。日本酒造会館にも展示されていなかったようでした。


会館内には輸出や、在留外人向けに英語や他国語のパンフレットが置いてありました。
最近では外人受けするフルーティなお酒やスパークリング系が増えています。

日本酒離れの今 国内外の需要獲得の為、どんどん時代に合わせつつ、消費者ニーズを捉え進化していって欲しいと思います。

私の従事する住宅関連業界と一緒で、結果的に 生き残る蔵と、衰退せざるを得ない蔵とに分かれていくのでしょう。

西新橋一帯は再開発で、この情報館はこの7月頃にはおそらく移転するようです。
機会があったら寄ってみて下さい。

明日から ちょっとドライブで北東北に遠出します。

米どころ・酒どころの地域ですから、きっと どこかで日本酒を購入しているかもしれませんね。

Comment

非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ