39年目のお仲間と

Category : 市井の人
前職時代から続く40年近いお付き合いのお仲間が今回退職し、単身赴任していた東京から関西の自宅に戻るという事になりました。

一週間前に連絡がはいり、急遽でしたが年度末でも関東在住の12人が集まりました。


私は 神田の蕎麦屋さんで予行練習 をしてから、向かった集合場所はこちらのお店です。

神田 まる豚。 神田まる豚ffa


お店を選ぶ 幹事が肉食系なので、またもやお肉のお店でした。

ホルモンが売りの い志井グループ 系のお店で、肉のテーマパークとのキャッチコピーも。


本日の料理画像はこの一枚のみ。

201603神田にて


主役は料理やお酒ではなく、送別される本人であります。

全員がS53年に入社した同期ですから、53(ゴミ)の会という名称で39年間続く仲間です。
入社研修が3月中旬からスタートし、4月末までの6週間ずっと一緒に過ごした仲ですから、『同じ釜の飯を食った。』という強い意識があります。
会うとあっと言う間に童心に帰るスウィッチが入り、今の年齢を直ぐに忘れたような会話が始まります。


当時50数名が入社し、残った約20人とは今でも何かしらの連絡があります。

今回参加の12人中、L社とL社グループに残っているのは7人で、私を含め5人は早期退職組です。

退職してもメールで簡単に出欠の連絡ができますから、こうして集まるのは便利な時代であります。

今回の主役 I君の退職理由には、それぞれ同年代として共感する部分が多々ありました。
60歳を過ぎると本人自身の健康面だけでなく、仕事そのものや家族に生活にと多くのことがありますから。

40年近いお仲間と

お互いの健康と家族や現状の仕事を確認しあう場になりました。

I君 いつか又会う機会がある時まで、お元気でお過ごし下さい。


これからの10年・20年はおそらく、このお仲間とのお付き合いが続くかと思います。
縁起悪いかもしれませんが、お互いの誰かが鬼籍に入るまででしょうかね?

Comment

非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ