第21回 吉川なまずの里マラソン 

Category : ボランティア活動
日本は桜の時期に入りました。

4月1日には多くの新社会人が誕生しますが、既に3月後半からフレッシュマンスーツを身に着けた研修中と思える若者を東村山駅や乗り換え駅でも多く見かけます。

東村山駅の桜も巣立ちを見守っているように思えました。

東村山駅前の桜


さて 今年も 昨年のボランティアに続き、沿道整理班として4月3日に運営のお手伝いをします。

第21回 吉川なまずの里マラソン公式サイト はこちらです。

2016吉川市民マラソンlogo



ボランティア用キャップとスタッフ用マニュアルが、既に自宅に届いております。

2016ボランティア用キャップ

ボランティアの担当は、8時前に集合して 9時過ぎにさくら通りを走るランナーの誘導です。

カメラ持参でサポートする予定ですので、桜を背景にランナーの様子を上手く撮れたらアップします。


4月3日小雨が残るなか、市民マラソンが無事開催されました。

私は沿道整理班のボランティアでしたので、8:00前には市内関小学校に集合し、ミィーティングの後に雨上がりの持ち場で準備と待機していました。

20160403スタート前


9:00の花火を合図にスタートし、まずは先導白バイが来ました。

20160403ハーフ先導のパトカー


9:10過ぎにはトップグループは桜満開のさくら通りを通過しました。フォームが綺麗。

9:10過ぎにはトップのランナーグループは桜満開のさくら通りを通過

その次は一般ランナーの市民ランナーの皆さんです。

その次は一般ランナーの皆さんです


後続組のほうはコスプレ姿の方が何人もおり、参加する事楽しんでいるランナーさん達でした。

後半のほうはコスプレ姿の方


応援の掛け声『ファイト‼ 頑張れ‼』や拍手に対して、ランナーが手を振ったり・笑顔で返してくれたりとくれました。
走る方も応援する方も楽しめた本当に心地よい 市民マラソンでありました。


終了後は関公園の満開の桜を見ながら家路に着きました。

最後は満開の関公園の桜

この後はスーパーに寄って、一旦 家に帰り、その後はお楽しみの会場に向かいました。

Comment

非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ