スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40年前の写真一枚

Category : 市井の人
仕事が日曜しか休めない忙しさが続きましたので、十日ぶりの更新になります。

昨年12月に亡くなった、母方の横浜在住の叔父 の四十九日と納骨が一週間ほど前にありました。

葬儀は叔父家族と私たち夫婦に従姉の親族5人と、ご近所で特に仲の良かったご夫婦一組の計7人の家族葬でありました。
(叔父の実家や私の兄は、秋田で遠方なのと雪で大変なので私が代理でした。)

四十九日も同じ顔触れでの本当にささやかな式で、最近の家族事情や周りに迷惑を掛けないという今の時流ですね。


さて 亡くなった叔父には40年前の私の大学受験の際や、合格して住まい探しの時は大変お世話になりました。
30年前の新潟での私の挙式の際には、横浜から叔父夫婦にも親族として出席してもらいました。


今回の事で40年前の写真を取り出してみました。

当時40代後半だった亡くなった叔父と 大学生の甥二人(私と2歳上の従兄)の三人が、叔父宅の前で撮影したものです。

2歳上の従兄は30歳過ぎに突然の病魔に侵され急死しました。

残ったのは私一人という事になります。40年も経てば誰にでもおきる事です。

叔父も従兄も色々な人生があったかと思います。

これから初老の年代に入る私は、自分の思う事・出来る事をやり続けるのが生きていく目的と改めて考えました。


今回の事で、亡くなった従兄のお姉さん(当然従姉で埼玉在住)と40年ぶりに再会出来ました。
早速 お互いで住所・電話番号の交換をしました。

叔父との別れはありましたが、行き来できる親族が増えた事には感謝であります。


生まれ育った秋田が大好きだった叔父へ、秋田の朝の田園風景を捧げたいと思います。

20120707043117b6a[1]

七月 日の出前の普遍の日々が続く田舎の画像であります。

Comment

非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。