激安麺を購入

Category : 普通の麺
ご当地ラー麺製造・販売メーカーの 東京三八さん は、調布市佐須町にあります。

東京三八さん


水曜日と土曜日のお昼に、賞味期限が近い商品を100~200円で小売しているんです。
小さなテントの下で販売しており、この日は確か一年半ぶりに寄ってみました。

小さなテントの下で販売


上の段から300円・200円・100円と並んでおり、100円のは蕎麦くらいしか残っていませんでした。

上の段から300円・200円・100円と並んでおり、


隣のワゴンには100円のが別にありました。

隣のワゴンには100円のが別にありました。


買わせて頂いたのは、まずは超有名な 松戸のとみ田さん 監修のつけそばです。

松戸のとみ田さん監修のつけそばです

松戸のとみ田さんはラーメンなのに評価が食べログで4.15の高得点です。
自宅から30分ほどなのですが、通勤経路が逆方向なのと行列が嫌なので行った事はありません。

有名店のお味をインスタントに食べられ、しかも一食150円とお安いものです。


長崎皿うどんが好きな家内用には、こちらをお土産です。

長崎皿うどんが好きな家内用には、


他にはうどん用のきざみあげ等でした。

きざみあげ


麺が3個6食分にあげの計4個で、お支払は700円ほどでした。

普通のラーメン一杯が最近では700円ほどです。
お店の戦略で、チャーシューや煮卵をトッピングすると、千円を超えるラーメンもあります。

賞味期限が近いとはいえ、それをたった一食100円ほどで食べられるのですから、生産者・販売者にも消費者にも嬉しい事です。



お客さんは女性が多いかと思ったのですが、たまたまなのか ほとんどが私と同年代前後の中年やそれに近い男性でした。

皆さん 生活防衛の為か、二食で100円のをまず手に取っていました。

消費税も上がり、ガソリン(今週は150円台に下がっていますが)や公共料金も上がっています。
こういう時代には 庶民には嬉しい直販と、市井のお父さんとして思いました。

そうそうコンビニ界トップの7さんが、FC店の期限切れが近い商品の安値販売防止で本部が訴えられていました。
賞味期限が近いのを捨てる飽食の日本であります。

まだまだ日本が貧しかった昭和の真ん中に生まれた私は、母の影響なのか『捨てるに捨てられない。』性質を受け継いでいます。

道の駅での地場生産品や、こうしたメーカーさんの直販が大好きな私であります。
(尚 普段は決して買い物好きではありません。)


最後に。
今週は今日の会社の本番行事の準備の為に、帰りが22:00や23:00になる事がありました。
60近い私も疲れていますが、寝ないで待っていてくれる家族も大変です。

ですから感謝の気持ちのお土産に、こちらの ナガノパープルのパイ を購入させてもらいました。

ル・フレザリア パティスリー ナガノパープルのパイアップ

お土産も時々は持ち帰っていますよ。

Comment

非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ