【人生最高の蕎麦】調布 清水Ⅰ

Category : 勝手にミシュランの部
タイトルにあります通り、昨日 今まで蕎麦打ち人生で最高の蕎麦との出会いがありました。

調布は 深大寺そばが有名 で今まで七店ほど寄らせてもらっています。

今回は比較にならないほどの、まったくの絶品でしたから【勝手にミシュランの部】のカテゴリーで投稿させもらいます。


調布×そば(蕎麦)のランキング 上位のお店で気になっていたお店は、

        【調布 清水】 さん。

深大寺からは離れますが、調布駅から徒歩3分 天神通り(鬼太郎通り)沿い 調布市では八軒目の訪問店です。


昨日 月曜日のランチで、13:00前頃に初めて利用させてもらいました。

調布駅近くの清水


税込千円の 本日のランチ をお願いしましたら、五分ほどでこちらから。

20140922清水さんのランチのセット

見た目でばっちりで 期待感 を裏切りません。


その後 三分ほどで、本命の蕎麦が登場しました。

物凄い蕎麦なのが、一目で分かりました。 つい10枚ほどをショット。
(照明のダウンライトの関係で、左右の色合いが違ってしまったのは残念。)

20140922清水さんのせいろ蕎麦

口には出していませんが、 一言 『美味い‼』 。


半分くらいになったら、本わさびを思われるわさびをのせて、違う味わいを楽しみました。

20140922清水さんのせいろ蕎麦に本わさびをのせ

蕎麦粉本来の自然の甘みと、わさびの風味・辛味がマッチした絶妙のバランスでした。

正しく 【人生最高の蕎麦】 との出会いでありました。


食後に店長さんにお礼を言おうと思いましたら二階との事で、女将さんに感謝と満足の言葉を託しました。


そしていつもの早起きで、下記の感謝メールを送信させてもらいました。

20140922清水さんへのコメント


その要旨は、清水さんの蕎麦への素朴な感想と、感謝の気持ちに称賛です。

私は素人ですが、地元サークル(ボランティア)団体『吉川そば打ちめいじん会』のメンバーとして、蕎麦打ちを15年ほど継続しています。(素人ながらそれなりの蕎麦を打つ自信も多少あります。)

さて本題は、今まで食べたプロの蕎麦で一番の味でした。素人ながら私なりの感想です。
1.蕎麦打ちの技術:捏ねから延し・切りと各工程が良い為、厚みや切り幅にバラツキがなく凛としていました。
2.蕎麦粉そのもの:産地や割合は不明でしたが、新蕎麦が出回る前にも関わらず、つなぎの小麦粉の割合が少ない蕎麦本来の香りがした上品なお味でした。
3.茹で加減:茹で時間・硬さ・締め具合と申し分ありませんでした。

女将さんの接客や気遣いも申し分ありませんでした。お金に代えられない価値です。
①写真撮影許可時のご返答は、『有難うございます。』②自転車を店頭に置いた旨を告げると『見て参ります。』⇒この即座の言葉に恐縮しました。

私は蕎麦は江戸の時代から続く庶民の味と思っていますから、そば一杯が千円近い高級店にはほとんど行きません。
まして蕎麦屋さんで完全予約制のお店は、美味しいとの評判でも絶対に行きません。
御値段が手ごろな庶民店で、かつ品質の高い蕎麦が好きです。
そういう条件で今まで食べた中での三本指は、神田のまつやさん・千葉は安孫子の手打ち蕎麦 湖庵さん・そして高橋名人のお弟子さんの翁さんグループです。
この3店にも負けるとも劣らない味とクウォリティでした。

機会があれば又寄らせてもらいます。本当にご馳走様でした。




電車で20分ほどの、蕎麦打ち仲間の上條プロのお店 【北浦和 寶】 さんが、

20140113北浦和 寶の上條プロの蕎麦

今年の初夏に 惜しまれつつ閉店した今は、蕎麦に関してベストのお店です。

次回は一品メニューに日本酒で喉を潤して蕎麦が茹で上がるのを待ち、締めにせいろで大人(中年のオジサン)飲みをしたいと思っています。


最後にマクロ撮影に強いRICOHのデジ一で撮影した 蕎麦画像 を、更に拡大してみました。

蕎麦好きが最高の蕎麦に出合った際に使う言葉に多い、『角がたった。エッジが効いた。凛とした。』の表現通りでした。

参考の為に 調布市 他有名店 との比較で、その差が分かろうかと思います。

深大寺人気№1店の蕎麦 調布 清水の蕎麦

左は深大寺人気№1店の蕎麦    と    VS  右の清水さんの蕎麦  の比較です。
素人目にもその違い(切り幅や角の部分)がはっきり分かろうかと思います。


そして下は アマ集団の吉川そば打ちめいじん会員の中でも一番の腕の方の極上の蕎麦です。

そば打ちめいじん会員 極上の蕎麦

私作ではありません。 おそらくは中村さんか、坂田さんの蕎麦です。


清水さんの蕎麦以外の料理を、いつかご紹介予定としておきます。

Comment

非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ