炭水化物コースⅡ

Category : 深大寺 そば
昨日はラーメン+ご飯の炭水化物たっぷりコースでした。


実は二日連続のダブル炭水化物コースとなってしまったんです。

深大寺門前そば本舗 は、三鷹市と調布市を結ぶ三鷹通り沿いにあります。
深大寺の蕎麦屋さんが集中した通りからはやや離れていますが、若者や男性に人気のお店です。

前から駐車場が満杯で気になっていたのですが、どうやら乾麺のお店なので寄らないでいました。

門前そば外観


若いお仲間と一緒でしたので、寄る事になりました。

門前そば昭和30年創業

昭和30年創業ですから、私と同年の歴史のお店であります。


メニューは蕎麦がお高い深大寺にしてはお安い。

門前そばメニュー


しかもメニューの上には『お替わり無料』のPOPがあります。

門前そばメニューにはお替わり無料


お仲間がオーダーしたのは、もりそば大盛りにお替わり付きのセットで、『大盛りにお替わり付き』のオーダーでした。私も同じにしました。

門前そばのもりそば


配膳時にお替わりが付いてきます。

門前そばのお代り


天丼もミニどころか。一人前に近い量でありました。

門前そば天丼

恐ろしい量の炭水化物を食べつくしてしまいました。
蕎麦つゆは甘辛で男性かつ若者向き。

乾麺ですが御新香もついて680円も高いCPです。前はお替わりがニ皿まで無料だったようです。


お店には申し訳ありませんが、一番美味しかったのはお水でした。
甘くて柔らかいのです。

お仲間に言うと違いが判らないらしく、『水道水と変わらない。』と言っていました。
お店の方にお聞きすると、『水道水では無い。』そうですが、その先は笑顔ではぐらかされました。
いつか知りたいですね。


この投稿を作成していて気付いたのですが、今から四半世紀前の30代半ばにこのお店に寄っていました。

ダイエット中と言いながら二日連続のダブル炭水化物コースで、体重は1㌔ほどリバウンドしました。
又 この日からから再チャレンジ中です。

Comment

非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ