スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北千住の「大はし」へ

Category : 勝手にミシュランの部
約一ケ月ぶりのお店での外飲み投稿です。通勤時間と年齢(?)から激減しましたから。

「東京三大煮込み」と言えば、

森下の「山利喜」・北千住の「大はし」・月島の「岸田屋」と言われています。

「東京三大煮込み」 本より

お安い豚系モツ煮ではなく、ほぼ きちんとしたお肉の煮込みなんです。


サラリーマンの愛する名店 船橋 一平 の牛煮込みも準ずる人気では。

船橋一平の牛煮込み


さて 森下の「山利喜」には、前職の本社勤務時代 最寄り駅から二駅でしたので時々寄っていました。

山利喜

フレンチも経験している三代目主人が、赤ワインと香草で煮込んだ味は特徴があり、しかもガーリックトーストとの相性は抜群でした。


三大煮込み の二店め 北千住の「大はし」 に、とある休みを取った6月の平日初めて行ってきました。
創業が明治10年と言いますから、140年近い歴史とは後で知りました。

この日の午後は上野で用事があり終わったのは4時過ぎ、前から行きたいと思っていたので、上野から電車で9分の北千住で降りお店到着が開店4時半の5分前でした。

北千住西口を出て宿場町通りを右に曲がると、左側にお店が見えてきますが、噂に聞いていた開店前の行列で直ぐにわかりました。(この日は予定が無かったので、デジ一は持たず携帯で撮影)

北千住宿場町通り 北千住宿場町通り行列

私でおそらく25人目くらいで、開店と同時に埋まったカウンター席25席の最後に座る事が出来ました。

店内には大きく『撮影禁止!!』の貼り紙が何枚も。(すいません。携帯でそれなりに。。。)


定番名物の肉とうふに生野菜。ビールの後はやはりお店定番という金宮の梅割り焼酎です。

大はし肉とうふ 大はし梅焼酎

とうふよりも小さなお肉は牛のすじのようで、本当に少な目ですが味はしっかりと。
モツ煮ならお腹一杯メニューですが、味わってちびりちびりと噛み締める煮込みでした。

このお店は物凄い特徴がありました。

カウンター内でオーダーを聞いてサービスするスタッフは、店主と若旦那のようで年齢が70才と50才のお二人のベテラン男性。

このお二人の動きが物凄く無駄な動きがなく、目を見開いてお客様からのサインを見守っています。
声を出さなくても、手を挙げただけでも反応してくれました。
オーダーに対する返答や料理の提供時には、「オリャー」とか「トリャー」の掛け声で元気よく反応してくれます。
ボトルを出す時に分かりましたが常連さんの名前を知っていても、普通のお店とお客の会話は一切ありませんでした。

ご子息と思われる20代らしい男性スタッフが、このお二人の動きを一挙手一動勉強していました。
ご家族と思われる調理担当の女性スタッフは厨房から出てきません。 船橋の一平と同じ形態でした。

お次はお客さん。
ほとんどが一人客で、連れはほんの数組。よっては、店内では客同士の会話はほとんど聞こえてきません。
常連さんが一人で黙々と飲んで、さっと帰るお店なんですね。
喫煙OKなんですが、タバコを吸っている人は見かけませんでした。

この手のお店は深酒をするお店ではありませんから、料理は二品とお酒は瓶ビールの梅割り焼酎二ハイでお仕舞。
お代は2,000円でお釣りは300円ちょっとだったと思います。
見たところ、生を一杯だけ飲んだ三人組が着席後25分で帰り、私は約30分の滞在で二番目にお店を後にしました。

刺身系を注文している両隣を見ると、量は少な目ですが鮮度は良さそうでした。
客にとって コストパフォーマンスは高くありませんが、独特の儀式と言うか 暗黙のルールや雰囲気を楽しむお店でした。

土日祝日が休みのようでそれでも経営が成り立っているのは、粗利率の高さとお客の回転数の高さとお見受けしました。

お店を出た後で撮影した、外観と風情ある看板であります。

大はし外観 大はし看板


北千住の有名な焼鳥店「バード コート」がはす向かいにありました。有名焼鳥店バードランド(銀座)の暖簾分けのようです。

バード コート


「大はし」の食べログ評価は3.57で、北千住で一番人気の立ち飲みの割烹くずし 「徳多和良 (とくだわら)」 は3.92、先ほどの焼鳥店「バード コート」は3.64です。

北千住で降りる時があれば、次回は 「徳多和良 (とくだわら)」 に寄ってみましょう。
三大煮込み の三店め 月島の「岸田屋」にも行ってみたいですね。

但し 冒頭 書いたように、月に数回あるかないかの外飲みですから、お次は何時になることやら。

Comment

非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。