スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神田・秋田湯沢絵どうろうまつり

Category : 秋田・東北
故郷の伝統と文化に再会出来ました。

昨夜仕事帰りに 神田駅西口で開催された 第12回 神田・秋田湯沢絵どうろうまつり に行ってきました。

実家の兄が湯沢市の物産直売会に 【阿部 始漆器店】 店主としてでなく、川連漆器の【秋田県漆器工業協同組合】のメンバーとして販売の為代表して出張してきたからです。

第12回 神田・秋田湯沢絵どうろうまつり団扇

湯沢市の七夕絵どうろうまつりは 毎年旧暦の七夕 8月5~7日の3日間 行われます。
秋田藩佐竹南家に京都からおこし入れされた姫君が、京への郷愁を五色の短冊に託し青竹に飾りつけたのが始まりとされた、約300年の歴史ある祭り。と言われています。

高校生まで秋田に住んでいましたから毎年のように見ていましたが、8月の旧盆に帰省することはあっても8月初旬に帰省した事はなく、昨日約40年振りに東京で再会出来たんです。

湯沢市で作成された絵どうろうを秋田の人達が東京の神田まで持ち込み、実際に商店街の通りに飾りつけして出迎えてくれました。

湯沢絵どうろうまつり①

湯沢絵どうろうまつり②

湯沢絵どうろうまつり③

昔からの江戸時代の絵どうろうがメインでしたが、時代に合わせ現代風のもありました。

湯沢絵どうろうまつり④

湯沢絵どうろうまつり⑤

実際は8月の夜は日が落ちていて、都会の照明も少ないですから、もっとあたりは暗いので 絵どうろうは鮮明に見えます。

西馬音内盆踊りも秋田から踊り手が来たようで、約10年振りだったような。

西馬音内盆踊り①

湯沢市の隣町の羽後町西馬音内地区で毎年の毎年8月16日から18日に行われる 西馬音内の盆踊(にしもないのぼんおどり) は阿波踊り、郡上おどりと合わせて日本三大盆踊りと言われています。

西馬音内盆踊り②

約700年の伝統ある盆踊りで、高い芸術性を有する民俗芸能として国の重要無形民俗文化財に指定されました。
伝統の技はしっかりと受け継がれ、磨き上げられ、新たな歴史を刻んでいます。(HPより)

こちらは地元では踊りの本番は19:30から始まりますから、実際には薄暗くもっと幻想的です。

同時に湯沢市の物産直売会も開催されていましたから、ちょっと買い物しましたので次回に投稿します。

Comment

非公開コメント

プロフィール

蕎麦打ち

Author:蕎麦打ち
ヨーロッパでは『JAPAN』といえば漆器の事です。
実家の亡き父が漆器職人・継いだ兄が伝統工芸士の環境に育ち、伝統と文化を愛しつつ、新しい事やチャレンジも好きな日本のどこにでもいるサラリーマンです。
その日常を【市井の人】として、平均的中年お父さんの目線から、好きな事や興味がある事を中心に綴ります。
デジカメ:RICOH
GR LENS A12 28mm F2.5
LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
CX3
GR LENS A12 50mm何時か欲しい
携帯:PANA

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。